powered by 大人のレストランガイド

エビ天に合うきめ細やかな泡 広島・福山のワイナリー

スパークリングワインを主軸としたワイン造りをする福山わいん工房。使用する主なブドウは、福山産のマスカット・ベーリーAだ。写真提供:福山わいん工房
スパークリングワインを主軸としたワイン造りをする福山わいん工房。使用する主なブドウは、福山産のマスカット・ベーリーAだ。写真提供:福山わいん工房

広島県福山市に2016年、珍しいワイナリーが開業した。福山わいん工房――スパークリングワインを中心としたワイナリーだ。

オーナーの古川和秋さんは、フランスのミシュラン星付き店で修業した経験を持つ料理人出身。スパークリングワインは主に、シャンパンで用いられる手のこんだ「瓶内2次発酵」という方式で造る。ガスを充てんするのではなく、瓶詰めの際に酵母と糖を加えて炭酸ガスを発生させ、きめ細やかな泡をワインに溶け込ませるのだ。国際品種である白ブドウ、ソーヴィニヨン・ブランと日本で開発された黒ブドウ、マスカット・ベーリーAを使った初リリースのワインは、アジア最大規模のワイン審査会「ジャパン・ワイン・チャレンジ2018」で、それぞれ銀賞と銅賞に輝いた。

黒ブドウであるマスカット・ベーリーAを用いた福山わいん工房の「顔」となるスパークリングワイン。甘い香りを持ちながらドライな味わいのロゼスパークリングだ。写真提供:福山わいん工房

古川さんがワインに興味を持ち始めたのは、今から約20年前の中高生のとき。未成年のためまだ味わうことのできない酒という「大人の世界」に心引かれたのだ。ソムリエが主人公のドラマ「ソムリエ」を見て、原作マンガを手に取った。ワインの豊かな香りや味わいが描かれる中、「どんな飲み物なんだろう」と想像を膨らませ、興味が広がった。

まずは、ワインの世界に近いフランス料理を学ぼうと大阪の辻調理師専門学校の門をたたいた。最高峰のスパークリングワインの産地であるシャンパーニュとのかかわりは、辻調グループのフランス校で学んでいたときに生まれた。半年間の現地レストラン研修先としてワインの産地の店を希望したところ、シャンパーニュ地方の店で働くことになったのだ。

店のソムリエと仲良くなると、毎週末さまざまなメゾン(シャンパーニュでは生産者をこう呼ぶ)に連れて行ってくれた。帰国し日本の店で修業を積んだ後、再び渡仏しシャンパーニュのミシュラン星付き店(現在は三つ星)「ラシェット・シャンプノワーズ」で働くことに。シェフは、シャンパーニュの帝王と呼ばれる大手メゾン、クリュッグの当主オリヴィエ・クリュッグ氏と懇意で、よく彼が店を訪れた。古川さんのシャンパンへの思いは、さらに深く心に刻まれていった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト