太古の地球 形はラグビーボール、1日は2.5時間

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/5/16
ナショナルジオグラフィック日本版

国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球と月(PHOTOGRAPH BY REID WISEMAN, NASA)

今から約45億年前、誕生して間もない地球に別の大きな天体が激突した。飛び散った破片が集まってできたのが、月だ。

当時の地球は退屈な場所だったと考えられている。どこまでも広がる地殻からときどき溶岩が滲み出している程度で、複雑な地質ができてくるのはもっと後になってからだったというのだ。

しかし新たな研究によると、原始地球は、できたての月がすぐそばを回っている影響を受け、激動していたという。

研究成果を発表する予定だった2020年3月の第51回月惑星科学会議は、コロナ禍により中止になった。だがその論文は、当時の地球が月にどれだけ振り回されていたかを示している。

「信じられないほど、ダイナミックでした」

当時、地球から月までの距離は、現在の30分の1しかなかった。これほど距離が近いせいで、地球と月のワルツがバランスを乱していたことが最新のシミュレーションで明らかになった。高速で自転するようになった地球は引き伸ばされ、ラグビーボールのようないびつな形になった。

いびつな形の地球では激しい造山活動や火山活動が起こり、こうした地質活動は、あらゆる種類の複雑な岩石や鉱物を作り出したと考えられる。

「地球の歴史の最初の数千万年間は、信じられないほどダイナミックでした」と、今回の論文の著者である米カリフォルニア工科大学の惑星科学者、サイモン・ロック氏は言う。「人々の想像とは大きく異なる世界だったのです」

彼らの論文はまだ査読を受けていないものの、一部の専門家は高く評価している。英ロンドン自然史博物館の惑星科学教授であるサラ・ラッセル氏は、地球が一時的にジャガイモのような形をしていたと言うと奇妙に思われるかもしれないが、生まれたばかりの月が地球の地質活動を促した可能性は大いにあると指摘する。なお、ラッセル氏は今回の研究には関与していない。

「こういう仮説は聞いたことがありません。驚くべき仮説です」と彼女は言う。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
44億年前のジルコンはどうしてできた?
ナショジオメルマガ