powered by 大人のレストランガイド

南極観測隊の料理人の知恵 外出自粛下の買い物と料理

南極ではどのように食糧調達をし、どんな料理が作られているのか?(写真提供:島田剛)
南極ではどのように食糧調達をし、どんな料理が作られているのか?(写真提供:島田剛)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、通勤自粛や休校で家族全員が自宅で過ごしているご家庭も多いだろう。飲食店の営業自粛により「外食できない」「買い物の外出も最小限にしたい」など、さまざまな「制限」がある中で毎日3度の食事作りがストレスになる人もいると聞く。「制限がある」といえば、その最たるもののひとつが「南極地域観測隊」ではないだろうか。天文や気象、地質、生物学の観測を行うために情報・システム研究機構 国立極地研究所が南極に派遣する調査隊のことだ。

南極では「食材切らしちゃったから、ちょっとスーパーへ」「作るの面倒くさいから今日は外食!」ということができない。そこには食材の選び方、保存や調理の英知が詰まっている。たとえば、葉ものの野菜も「あるもの」を塗って新聞紙で包んで冷蔵すれば日持ちする、保存がきく料理は年に1度食べる「あの料理」をイメージせよ、など。こうしたテクニックのほか、閉塞的な状況下で食を楽しみながらメンタルヘルスを維持するヒントを紹介しよう。

話をうかがったのは、第48次南極観測隊越冬シェフで、現在スマホアプリの開発運営をするIT企業ココネ(東京・世田谷)で専属シェフを務める島田剛さん。

第48次南極観測隊でシェフを務めた島田剛さん(写真提供:島田剛)

同社はGreat Place to Work Institute Japanが実践する日本における「働きがいのある会社」ランキングのベストカンパニーに3年連続で選出されている。その理由の一つが手厚い福利厚生で、その中心に社員食堂がある。調理スタッフは外注ではなく直接雇用の社内チームで、社員1人ひとりのアレルギーや苦手なものを把握し対応しているという。

ここを統括するのが島田さんで、食材の選別、使い切りの工夫などは南極での経験が生きている。現在は社員の多くが在宅ワークとなっており、社員が家庭で作る食事の困りごとや悩みに関しても相談に乗っているとのこと。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト