powered by 大人のレストランガイド

在宅勤務でリフレッシュ スティックコーヒー飲み比べ

左から(1)「ちょっと贅沢な珈琲店 グランデスタイル」、(2)「ネスカフェ ゴールドブレンド スティック ブラック」、(3)「オリジナル インスタントコーヒースティック ザ・マイルド」、(4)「ザ・ブレンド 114」、(5)「おいしいカフェインレスコーヒー」。どれもブラックコーヒーだが、飲み比べると味や香りに違いがある。

カフェインレスや1.5倍分量まである「ブラック系」

次に、「コーヒーは絶対ブラック」という人のための、ミルクも甘みも加えていないタイプを5種飲み比べ。食後の一服としても、テレワーク中のドリンクとしてもお薦めです。

通常サイズのマグカップの1.5倍の量を想定している(1)「ちょっと贅沢な珈琲店 グランデスタイル」(味の素AGF、3グラム×7本入り/240円税別、1杯当たり約34円)は、ソフトな口当たりと濃厚すぎない味で、後味がスッキリ。「仕事をしながらゆっくりと時間をかけて飲む“ながら飲み”を想定しています」と味の素AGF広報部の藤井成美さん。分量が多めなので、長時間じっくり仕事したいときの相棒としてピッタリだと感じました。

ブラックコーヒーのスティックタイプでシェアNO.1(ネスレ日本調べ、2019年実績)という(2)「ネスカフェ ゴールドブレンド スティック ブラック」(ネスレ日本、2グラム×9本入り/178円税別、1杯当たり約19円)は、苦味と酸味のバランスがよく、深みのあるマイルドな味わい。

一方、(3)「オリジナル インスタントコーヒースティック ザ・マイルド」(カルディコーヒーファーム、2グラム×5本入り/121円税別、1杯当たり約24円)はフルーティーな酸味も感じられるのが特徴。朝に飲めばシャキッと気合が入りそうです。

(4)「ザ・ブレンド 114」(UCC、2グラム×10本入り/238円税別、1杯当たり約24円)は上品な苦味とやわらかな口当たりで飲みやすく、飽きのこない味。正統派ブラックコーヒーは「スティックタイプだと毎回開封したての味と香りが楽しめるのが魅力です」(UCC上島珈琲マーケティング本部主任の豊田友希さん)とのこと。

コーヒー本来の風味を損なわない方法でカフェインをカットした(5)「おいしいカフェインレスコーヒー」(UCC、2グラム×7本入り/278円税別、1杯当たり約40円)は、苦味には軽さがあるものの、カフェインレスとは思えないコーヒーらしい味。ほかより少し値は張りますが、夜、就寝前の1杯に活用しても良さそうです。

同じUCCで右はカフェインレス。味は通常のコーヒーとほぼ同じで、香りもいい
(1)味の素AGF「ちょっと贅沢な珈琲店 グランデスタイル」
スッキリ感   ★★★★★
まろやかさ   ★★☆☆☆
バランスの良さ ★★★★☆

(2)ネスレ日本「ネスカフェ ゴールドブレンド スティック ブラック」
スッキリ感   ★★★☆☆
まろやかさ   ★★★☆☆
バランスの良さ ★★★★★

(3)カルディコーヒーファーム「オリジナルインスタントコーヒースティック ザ・マイルド」
スッキリ感   ★★★★☆
まろやかさ   ★★★☆☆
バランスの良さ ★★★★★

(4)UCC「ザ・ブレンド 114」
スッキリ感   ★★★☆☆
まろやかさ   ★★★☆☆
バランスの良さ ★★★★★

(5)UCC「おいしいカフェインレスコーヒー」
スッキリ感   ★★★★★
まろやかさ   ★★★☆☆
バランスの良さ ★★★☆☆

同じブラックコーヒーでも、比べてみると味の違いがしっかり感じられました。外出自粛の機会にいろいろと試して、この機会に一番のお気に入りを探すのもいいかもしれません。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
次のページ
マグカップ1つでいやし効果バツグン「スイーツ系」
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト