ミニ財布オススメ3選 小銭もカードもすっきり収納特集 キャッシュレス時代のミニ財布(上)

マネークリップ仕様の二つ折り

アッソブ「OILED ANTIQUE LEATHER MONEY CLIP」(1万6000円) 縦9.5×横10×厚さ1.5センチ

バッグブランドとして高い人気を誇るアッソブは、財布などの小物類も充実している。そんな同ブランドの財布の注目モデルは、マネークリップ仕様の二つ折り財布だ。

外装に大容量のコインポケットを搭載した、使い勝手のよい薄型の二つ折りモデル。財布を開くと十分なカードポケットと、札を挟むマネークリップが現れる。コンパクト設計ながら収納力に優れたオールインワンタイプのため、メイン財布として活躍する。

「ミニ財布をお求めになる方はお札をあまり持ち歩かないため、マネークリップで十分という声を聞く」と話すのは、アッソブを展開するアンバイのプレス齋藤親子氏。マネークリップを採用することで薄型を実現、そのぶんカード収納を充実させてキャッシュレス時代に対応する財布となっている。

素材には、時間をかけて革の芯までタンニンを浸透させた植物タンニンレザーを使用。職人の手作業によるオイルの塗り込みやグレージング、アイロンがけを重ねることで、深みのある風合いに仕上げている。手作業による自然なムラ感があり、エイジングにも期待できる。

齋藤氏によれば、2019年のクリスマス需要からミニ財布の売り上げが伸びているという。特にこの財布は、ほとんどの人が珍しいマネークリップ部分を気に入って購入するそうだ。

マネークリップが人気の理由。カード収納スペースが充実している点も見逃せない

汎用性の高いオールインワン財布

土屋鞄製造所「ブラックヌメ スモールウォレット」(2万4000円) サイズ:縦9.8×横9.5×厚さ2.1センチ

土屋鞄製造所の注目のミニ財布は、メイン財布として使えるオールインワンの機能を保ちつつ、コンパクトに設計した二つ折り財布だ。

お金やカードを入れると膨らみやすい二つ折り財布を、ホック付きのフラップでしっかりホールドすることで、スマートな薄さをキープ。パンツの後ろポケットなどに入れて持ち歩けるように作られている。

ボタン付きのフラップを開くと、アシンメトリーデザインの札入れが現れる。また、札入れはL字型に開く形状になっており、紙幣の出し入れをスムーズに行える点も特徴。

カードホルダーは片面に3枚分用意され、使用頻度の高いカードを厳選して収納できる。中央のコインケースはマチを抑えて膨らみにくい設計としている。

この黒く染めたヌメ革を使用した「ブラックヌメ」シリーズは、調和をテーマにデザインされており、やや堅いイメージを持つ黒と、親しみやすく素朴な雰囲気のヌメ革を組み合わせ、柔らかくも引き締まった印象に仕上げている。デザインにおいても、角と丸を調和させることで、奥行きのある表情を生み出した。

「19年12月に発売して以来、毎月再販をしている人気商品」(土屋鞄製造所のKABAN販促企画課広報担当 守内晶子氏)。シンプルなデザインと使いやすい機能を備え、汎用性が高いことから、30~40代男性を中心に支持されているという。

必要最小限にして十分な収納スペースを確保。ブラックヌメの表情も魅力的だ

(ライター 津田昌宏、写真 宮前一喜=APT、スタイリング 宇田川雄一)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧