ミニ財布オススメ3選 小銭もカードもすっきり収納特集 キャッシュレス時代のミニ財布(上)

電子マネーの普及や、ビジネスリュックを用いる人が増えたことで、財布の昨今のトレンドは「ミニ財布」に。パンツのポケットに入れても邪魔になりにくいコンパクトな財布に注目が集まっている。そこで今回は、種類別に3回に分けて紹介する。

第1回は、札を折りたたまずに入れられ、小銭とカード収納スペースも備えたオールインワンのミニ財布を取り上げる。通常サイズの二つ折り財布と同じように使えるので、小さくともメイン財布として活躍するはず。

サメ革とコインポケットが個性的

ガンゾ「KESEMA コンパクト二つ折り財布」(2万6000円、税別、以下同) サイズ:縦10×横8.5×厚さ2センチ

さまざまな形状や革を使ったミニ財布を展開しているガンゾ。今回紹介する財布は、サメ革を採用したKESEMA(ケセマ)シリーズの極薄設計の二つ折り財布だ。

素材には、宮城県の気仙沼港で水揚げされたヨシキリザメの革を使用。震災後、長野のタンナーが「復興を後押ししたい」との想いから、なめし技術を継承し、長年の試行錯誤の末、ようやく財布として製品化したという新シリーズ。これまで捨てられていたサメ革を活用し、革のなめしから縫製まで全工程を日本で行っている。

刃のついていない専用の包丁を使い、なめしの段階で鱗(うろこ)を一枚一枚手作業で落とす「脱鱗(だつりん)」を行うことで、ザラッとした手触りのサメの表皮を滑らかに。ヨシキリザメ特有のシボを際立たせつつ、手に馴染むような質感に仕上げている。

サメ革は水に強いのはもちろん、皮脂や汗にも強いため、財布の素材として最適だという。さらに植物タンニンなめしのため、使い込むほどに味わいを増していくという。

コイン収納スペースの構造も特徴的だ。フタのついた外付けのポケットではなく、のぞき込みタイプのコインポケットで、厚みを抑えた設計となっている。財布はホック付きでしっかり閉じるため、ジャケットの内ポケットやパンツの後ろポケットに入れても邪魔になりにくい。

そのほか札を折りたたまず入れられて、カードポケットも内外に3つ搭載している。外装のカードポケットは、チャージなどで取り出すことの多い交通系ICカードを収納するのに最適だ。

「革製品が好きな幅広い年齢層から支持されており、2020年2月の発売スタート時から売り上げは好調に推移している」(ガンゾ本店 スタッフ渡部優希氏)。サメ革のミニ財布は汗水に強いため、「雨でも気にせず使える」「汗ばむ夏にパンツの後ろポケットに入れても安心」といった声がユーザーから届いているという。

タフト(のぞき込み)タイプのコインポケット。財布の内部すべてがコイン収納スペースになっているため、小銭が落ちる心配は少ない
次のページ
マネークリップ仕様の二つ折り
今こそ始める学び特集