「デニムでオフィス」拡大中 大人の着こなしの秘密

2020/5/3
ダブルのジャケットに大胆にもデニムを合わせる引野実さん。「ラインが細身のデニムならシルエットも美しく、さわやかですよ」
ダブルのジャケットに大胆にもデニムを合わせる引野実さん。「ラインが細身のデニムならシルエットも美しく、さわやかですよ」

今年のビジネスカジュアルの主役の1つとなってきそうなのが、デニムです。慣れ親しんでいるようでいて、オンでもオフでもコーディネートが難しいと実感するのが、デニムなのではないでしょうか。最近ではテーラード仕立てのデニムなど、ラインアップは多彩。ジャケットに合わせるデニムコーデや大人がはくべきデニムなど、デニム情報をまとめてお届けします。




「おっさん発想」 あえてぶち込んだ

エドウインが力を入れる通勤用デニム「デニスラ」。デニムとスラックスのいいとこ取りをしたという商品にはどんな思いが込められているのでしょうか。エドウインの林史郎社長に聞きました。

「おっさん発想を取り入れたんです。シャツが外に出ないよう滑り止めもつけました」。色移りしない染料が使われ、白シャツをインしても安心という

【記事はこちら】「はき方改革が働き方変える」 通勤用デニムに込めた思い

着こなしのポイントは色選び

デニムコーデはどうして難しいのでしょう。それは一歩間違うと、おじさんスタイルに見えたり、子供っぽくなったりするから。品よく見える大人のデニムコーデのコツを、プロに聞きました。

トップス 2万円(ミロック)、パンツ 2万8000円(ミロック)、ジャケット・スニーカー(私物)
コート 6万8000円(ミロック)、トップス 1万8000円(ミロック)、パンツ 2万8000円(ミロック)、シューズ(私物)

【記事はこちら】大人に似合うデニムコーデ ワントーンでそろえ上品に

さわやかトップスで脱「フツー」

ひと味違うおしゃれなデニムスタイルはこちらを参考に。マリンカラーをイメージしたり、差し色カーディガンを合わせたり。挑戦してみたくなる組み合わせが見つかります。

パンツ9万3000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン ギンザ シックス)、ジャケット8万6000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、ポロシャツ2万6000円/グランサッソ(フローエンス)、肩にかけたカーディガン2万3000円/ルトロワ(八木通商)、ベルト3万5000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴3万6000円/デザインワークス(デザインワークス ギンザ)
パンツ9万3000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン ギンザ シックス)、カーディガン9万2000円/レマーマイヤー(真下商事)、シャツ1万6000円/マテウッチィ(トレメッツォ)、眼鏡3万3000円/イエローズ プラス(デコラ)、ベルト2万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(エリオポールメンズ銀座)

【記事はこちら】大人のデニム、さわやかトップス合わせ上品に着こなす

「失敗しない」スーツとの組み合わせ方

スーツも時には上下別々に着こなしてみようとの提案が新鮮です。下に合わせるのはデニム。シルエットがきれいなボトムだとしっくりなじみます。

シングルのスーツのジャケットに合わせるのは、キャラメル色のカーゴパンツ。アズーロ・エ・マローネ(青と茶)はイタリアでは定番の色合わせだ

【記事はこちら】スーツ七変化 ジーンズやカーゴパンツで軽快に

ジャケットと合わせる それがテーラードデニム

仕立てのよいテーラードデニムが注目されています。オーダーパンツの技法を用いているため、ラインが美しく、職場の好感度も高そうです。ひと味違うデニムを求めるなら形にもこだわりましょう。

ハラコのパッチがアイコニックなヤコブ コーエンのデニム。生産時にシソ科のハーブ、パチョリの香りをほんのりつけるなどプレミアムデニムのこだわりが随所に

【記事はこちら】オフィスでデニム解禁の波 テーラード技が男を格上げ

「色落ち」デニム、相棒決める新常識

ジャケットスタイルに合うデニムといえばまずは濃紺のリジッドデニム。続いてこの春のおすすめが色落ちデニムに淡いトーンの「砂色」ジャケットを合わせるコーディネートです。

ジャケット31万5000円、デニム7万6000円、ベスト16万円、シャツ4万9000円、タイ2万4000円、チーフ2万7000円、ベルト7万9000円/以上ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 靴は〈参考商品〉 靴下〈スタイリスト私物〉
ジャケット5万8000円/フィンジャック(ビームス 六本木ヒルズ) パンツ1万2000円/リーバイス(R)(リーバイ・ストラウス ジャパン) Tシャツ1万5000円/ルトロワ(八木通商) 靴2万6000円/バーウィック(ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

【記事はこちら】春のデニムは色落ちで 「砂色ジャケット」と合わせる


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰する。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.