全身トロのような幻の魚 愛媛県で養殖「媛スマ」

Paravi

体長約60センチ、腹の黒い斑点が特徴のスマ。マグロやカツオと同じサバ科に分類されますが、水揚げ量は極めて少なく、市場にはめったに出回らないため"幻の魚"といわれています。知名度はないものの、その身には上質な脂が乗っていて"全身トロ"のよう。クロマグロと比べても遜色ないとされています。

全国有数の養殖魚の産地として知られている愛媛県愛南町で、養殖の"スマ"その名も「媛(ひめ)スマ」が生産されています。

稚魚から育てる一般的な養殖と違い、親のスマに卵を産ませ、それをふ化させて育てる「完全養殖」で生まれた「媛スマ」。

愛媛県と地元の大学、水産研究センターが組んで2013年から研究を開始し、世界初の「完全養殖」に成功しました。

愛媛県愛南町で生産されている「媛(ひめ)スマ」

扱い方も、普通の養殖魚とは違います。魚体に傷をつけないようエサを付けた釣り針で1匹ずつ釣り上げ、すぐにエラの内側を切って血を抜き、塩分を含んだ粒の細かい特別な氷の中に入れて鮮度を保ちます。

その日のうちに地元の水産業者に運び、乾燥を防ぐ特殊なシートに包んで、東京や大阪の飲食店へ向けて出荷。

2019年11月、質・量ともに安定的に供給できる仕組みが確立したことから、ブランド魚「媛スマ」として販売を始めました。

上質な脂が乗った媛スマの販売を加速させる方針だ

成長が早く、価格はマグロ並みの値がつくことから、大きな利益が出せる養殖魚として期待されています。

愛媛県漁政課の橋田直久課長は「スマをマグロの代替品とは一切考えていない。新しい赤身のおいしい魚として、広く皆さんに食べてもらいたい」と言います。

2022年には稚魚の生産量を今の4倍の年間8万匹に増やし、「媛スマ」の販売を加速させたい考えです。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2020年3月2日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年4月7日付記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集