どうして? チャック付き袋を開けてもゴミが出ない

Paravi

普段よく見かける菓子などに使われているチャック付きの袋。しかし開封するときに必ずごみが出てしまう。そんなごみを出さない袋が開発されました。

普通チャック付きの菓子袋は、チャックより上で袋全体を密閉しています。そのため開封するときには、チャックの上の部分を切るため、ごみが出ます。

しかし、ミューパック・オザキが開発した「ミラクルパック」はチャックの下が密閉されているため、開ける前に切る必要がなく、ごみが出ません。

密閉部分のフィルムに、レーザーで細かい切り込みを入れることで密閉性を高めています。さらに手で押し広げると簡単に開くようになっています。

開封するときに、ごみを出さない「ミラクルパック」

ミューパック・オザキの尾崎育子社長は「ごみをなくすことが地球環境に一番やさしい。使う人が切り取って捨ててしまうこともあるが、ごみが出ないようにすれば捨てることもなくなるのではないか」と言います。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2020年2月27日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年4月2日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧