伝統の技と先人の情熱 ぬくもり感じる木造の橋10選

1位 錦帯橋(山口県)
1位 錦帯橋(山口県)

地域の人に愛され、守られてきた木造の橋が全国にある。伝統の技が、強くて柔らかい姿を継承し、自然に溶け込む。造形が美しい、今も渡れる現役の木橋を専門家が選んだ。

■1位 錦帯橋(山口県岩国市)860ポイント
5連構造、四季の景観とともに

6人の専門家が1位に選んだ。中央は3連のアーチ橋、両端は桁橋の5連構造。6種類の特性の違う木材を組み合わせ、板の間にくさびを打ち込んでアーチを形成した「日本が誇る木橋技術の粋を体現した橋」(渡辺浩さん)。「裏側は幾何学模様のような構造美」(森川勝仁さん)で、「300年以上デザインが受け継がれている」(谷川充さん)。

春は桜、夏は花火、秋の紅葉に冬の雪化粧と四季折々の姿を見せる。岩国城を望む山々や周辺の町並みとも調和。地域住民の生活に密着した「岩国のシンボルで木橋中の木橋」(植野芳彦さん)。

1950年の台風で流失した際にはコンクリートで再建する声もあったが、市民の強い要望で木材で再建した。架け替えは老朽化対策として2000年代に入っても実施しており、「幾度も改良されながら完成された複雑な構造は、世界に類例がない」(佐々木貴信さん)。中学生以上は往復で310円(小学生150円)が必要。

「歴史を知ると先人の情熱が伝わってくる」(王麗華さん)といい、山口県や岩国市は世界遺産への登録を目指す。

(1)全長 193.3メートル(2)アクセス JR岩国駅からバスで約20分(3)http://kintaikyo.iwakuni-city.net/

■2位 伊勢神宮の宇治橋(三重県伊勢市)510ポイント
日常と神聖な世界 結ぶ

内宮への入り口を流れる五十鈴川に架かる宇治橋は日常と神聖な世界を結ぶとされ、「神宮にふさわしい神々しい橋」(植野さん)。大鳥居を正面に眺めながら進むと神聖な空気を感じられる。

「現存する木橋としては最も歴史がある」(渡辺さん)といい、「1464年に現在と同じ場所に架けた記録がある」(谷川さん)。20年ごとに架け替えており、現在の橋は2009年に完成した。

「非常に丁寧に造られていることが見ただけで分かり、丸い欄干に通る人への優しさや温かみを感じる」(山脇裕さん)。橋の上を歩くだけでは気づきにくいが、橋脚も美しい木造。床板や欄干はヒノキ、橋脚には水に強いケヤキが使われている。周囲の深い緑と白い橋のコントラストが美しい。

欄干の柱の上のネギの花に似た装飾を擬宝珠(ぎぼし)という。「橋の西詰北側の擬宝珠に橋の安全を祈る萬度麻(まんどぬさ)というお札が納められており、人気のパワースポットでもある」(森川さん)。

(1)101.8メートル(2)近鉄五十鈴川駅から徒歩で約30分(3)https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/ujibashi.html

■3位 鶴の舞橋(青森県鶴田町)500ポイント
ヒバで3つのアーチ、背景に岩木山

「津軽富士」と呼ばれる岩木山を映す津軽富士見湖に1994年、全長300メートルの日本一長い3連太鼓橋として架けられた。「シンプルな構造だが、3連のアーチ状の造形が美しい」(佐々木さん)

「地元の銘木である耐久性の高い青森ヒバで造られ、橋脚までヒバを使った珍しい橋」(小塩稲之さん)。途中には休憩所が2つあり、「目の前に広がる景色をゆっくり味わえる」(太田哲也さん)。

鶴田町にはかつて多くの鶴が飛来した。橋の近くにはタンチョウヅルを飼育する「丹頂鶴自然公園」もある。晴れた日、「夜明けとともに鶴のように浮かび上がる姿も絶景」(依田正広さん)。「2羽の鶴が羽根を広げた形が背景の岩木山に映えて美しい」(渡辺さん)

鶴の舞橋観光ガイドの会の竹浪正顕会長は「振り返れば八甲田山の山並みが見える。四季、時間ごとに変わる景観を楽しんでほしい」と話す。

(1)300メートル(2)JR陸奥鶴田駅からタクシーで約10分(3)https://www.medetai-tsuruta.jp/web_magazine/story.html

■4位 こおろぎ橋(石川県加賀市)420ポイント
ヒノキ造り、昨年架け替え

総ヒノキ造りの山中温泉のシンボル。名前はかつて行路が危なかったので「行路危」とも、コオロギに由来するとの説も。2019年に架け替えたばかりで「真新しいヒノキが白く輝く」(渡辺さん)。「地域や管理者の理解もあり、同じ形式で再建された」(佐々木さん)。全長は約20メートルと短いが「在来工法と近代技術を融合し、部材を組み合わせた姿が渓谷の景観と合う」(植野さん)。

自動車も通れる、一般道に架かる珍しい純木橋。「桜や紅葉など、どのシーズンでも絵になる」(山脇さん)。

(1)20.8メートル(2)JR加賀温泉駅からバスで約35分(3)http://www.tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=3981

■5位 蓬莱(ほうらい)橋(静岡県島田市)390ポイント
全長897.4メートル、富士山も一望

世界一長い木造歩道橋としてギネス記録ももつ。全長897.4メートルは「厄無し(8974)と長生き(長い木)という語呂合わせで縁起の良い橋として知られる」(小塩さん)。江戸時代は架橋が許されなかった大井川。「明治時代に架けられ、かつてはもっと長かった」(渡辺さん)

はるか遠くまで真っすぐに伸びる姿は圧巻。中ほどからは富士山を望める。「在来工法の木橋で、タイムスリップしたような錯覚が得られる」(植野さん)。中学生以上の通行料金は100円(小学生は10円)。

(1)897.4メートル(2)JR島田駅から徒歩約20分(3)http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

次のページ
まちづくりに活用 伝統技術を次代に