東京フィル元部長 「音楽のパトロン」になりたかった

日経ARIA

アーモンド代表取締役の松田亜有子さん
アーモンド代表取締役の松田亜有子さん
日経ARIA

ビジネスの転機で背中を押してくれたシンフォニー、大切なライフイベントを彩ったクラシック音楽を愛する各界のリーダー層が、自身にとって忘れられない一曲と共に人生を語ります。クラシック音楽のプロデュースを手掛けるアーモンド代表取締役の松田亜有子さんは、東京フィルハーモニー交響楽団の広報渉外部部長を務めるなど長年音楽の世界に身を置いてきました。新型コロナウイルス感染拡大防止のためにコンサートが延期を余儀なくされるなど苦境に立ち向かっています。もともとは一般企業に勤めたかったという松田さんを音楽の仕事へ導いたのは、ある作曲家との出会いでした。

◇  ◇  ◇

私はこれまで、新潟のコンサートホールや東京フィルハーモニー交響楽団で企画制作や広報の仕事に携わってきました。その過程で、「本当の先進国は、経済大国であり文化大国でもある。この両輪で回っている」という政治評論家の竹村健一さんの言葉に感化され、アートマネジメントをする側ももっと日本の経済・社会構造を知らなければならないと考えるようになりました。それで一度はクラシック音楽の世界から離れ、企業の社会的責任(CSR)活動や事業改革などの支援にも携わりました。

ビジネスの世界で過ごした6年間を経て再び東京フィルに戻って5年、自分がやりたいことがより明確になり、クラシック音楽の公演やイベントなどをプロデュースする会社を2018年に起業。音楽を通して国と国、人と人がつながっていけるような場をつくりたいと日々奮闘しています。

引っ越す先々で「その地域一番」のピアノの先生に師事

大学では音楽学部でピアノを専攻しました。といっても、演奏家になりたいと思ったことは一度もないんです。ドビュッシーのピアノ曲「喜びの島」は大学時代、私に大きな影響を与えた人と、今につながる仕事へ導いてくれた曲です。

わが家はサラリーマンの父が転勤族で、生まれたのは山口県下関市ですが、その後各地を転々としました。両親の教育方針は、「教育だけは一流を」というもの。子どもの頃からピアノを習っていて、転勤する先々で、母が見つけてきた「その県や市で一番」の先生にレッスンを受けていました。

母の教育熱はすさまじくて、夏休み中は朝起きてピアノの練習をしないと、部屋に鍵をかけられました。家族旅行に行くときも、1日練習を休んだら指が動かなくなると言って、宿泊先にピアノがあるかどうかを調べるんですよ。中学に入るまで、母は「ピアノ練習したの?」「練習しなさい」っていう日本語しか知らないんじゃないの、と思うくらいでした(笑)。

高校は下関に戻ってきて、進学校に通っていました。周りは上位の大学を目指していたし、私もそのつもりでした。それが2年生のとき、指導を受けていたピアノの先生がソリストとして出演するオーケストラの演奏会を聴きに行ったことで一変します。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の演奏が終わると、下関市民会館の満席の会場がシーンと静まりかえって、そこにいる全員の心が一つになったように感じました。「これほどまでに人の心を動かす音楽って一体何だろう?」。それを知りたくなって、音楽学部に進むことを決めました。

進学したのは、長崎の活水女子大というキリスト教系の歴史ある学校。西洋音楽はキリスト教文化の中で育まれたものなので、カトリック教会の数が全国で最も多く、異国情緒あふれる長崎の街は学ぶのにうってつけの環境でした。

「音楽とは何かを知りたい」早朝から勉強漬けの日々

大学時代は図書館にある音楽に関する本を1冊残らず読みました。音楽に限らず、作曲家が影響を受けた文学作品や歴史の本、外国語で書かれた音楽の本にもくまなく目を通しました。毎朝寮を出て6時38分発のバスに乗り、7時に開門するのと同時に学校へ入って勉強するという生活を卒業まで続けました。

ピアノも1日最低6時間は練習していました。例えばビジネス書をいくら読んでも、MBAを取りましたと言っても、現場を知らないコンサルタントが経営改革なんてできないですよね。それと一緒で、知識だけ深めても音楽を知ることはできません。ドビュッシーの音楽を知るためには、五線譜に書かれた音符と向き合い、奏でて、聴いていただく。音符を立体化して「相手に届ける」という行為があるのとないのとでは全く違います。

なおかつ、ドビュッシーを演奏するに当たっては、同時代のマラルメ、ヴェルレーヌといった19世紀に活躍した詩人の存在は欠かせません。「ドビュッシーはこのヴェルレーヌの詩にある鐘の音を表現したんじゃないだろうか」といったように、一人の音楽家を通じて、詩の世界も知ることができました。

注目記事
次のページ
音楽を支える人になりたいのに…就職試験に全敗