新バラエティ女王は朝日奈央 滝沢・池田・指原が続く

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

バラエティ番組に欠かせない女性タレント。では、どんな人たちが活躍しているのか。日経エンタテインメント!では、45歳以下の女性タレント(芸人は除く)を対象に、2019年11月1日~20年2月7日までの3カ月の間にバラエティ番組(NHK総合+在京5局の地上波・関東地区、特番などは除く)に出演した回数をカウントしてランキング化した。朝日奈央が1位となり、“新バラエティ女王”に。2位は滝沢カレン、3位は池田実優(みちょぱ)と指原莉乃だった。

表中の情報は3月4日時点
朝日奈央 『ラブベリー』専属モデルを務め、アイドルグループ「アイドリング!!!」で活動。何でも“やり切る”姿勢が評価され、出演番組が2019年頃から急増。新バラエティ女王に

MCやアシスタントの役割をはじめ、自らの発言で笑いを生んだり、周りからいじられることで場が和んだりと、バラエティ番組で不可欠な女性タレントたち。だがその枠には限りがあり、入れ替わりが激しい分野でもある。2019年11月1日~20年2月7日までの3カ月での出演回数を見ると、トップは56本の朝日奈央だった。

朝日の特徴は、毎週のレギュラーではないものの、それに準ずる活動のベースとなる番組が多いこと。『沸騰ワード10』(日本テレビ系)、『かみひとえ』(テレビ朝日系)、『ゴッドタン』(テレビ東京系)がそれにあたり、『スクール革命』(日本テレビ系)も常連だ。アイドルグループ「アイドリング!!!」メンバー時代に、冠番組のMCだったバカリズムに鍛えられたバラエティ力を発揮し、MC、ひな壇トーク、ロケなど、オールマイティーにこなせる。2017年に出演し始めた『ゴッドタン』を皮切りに、バラエティ出演が年々増加。NGなしで芸人並みに全力で笑いに取り組む姿勢で、“バラエティ界の女王”と呼ばれるまでになった。

続いて、53本の滝沢カレンが第2位。現役モデルでありながら、『松之丞カレンの反省だ!(*)』(テレビ朝日系)と『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』(テレビ東京系)の2つの冠番組を持つ逸材だ。独特の言葉の選び方は唯一無二で、コメント1つで爆笑を巻き起こし、そのセンスは『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でのグルメを実況するコーナーでも生きている。

(*)神田松之丞の6代目・神田伯山襲名(2月11日)に伴い、現在は『伯山カレンの反省だ!!』にタイトルが変更になった。

みちょぱと指原が同率3位

第3位には45本で、池田美優(みちょぱ)と指原莉乃が並んだ。指原は冠番組『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)を持ち、準レギュラーの『有吉反省会』(日本テレビ系)を含めると、GP帯(19~23時)と深夜帯(23時以降)で2本ずつ、基盤となる番組があるバラエティ界のエリート。『ガッテン』(NHK総合)にも定期的に出演しており、全局にバランスよく登場している。一方、レギュラーを持たないみちょぱは出演番組数が多く、45本の内訳は朝日の29番組に次ぐ28番組に上る(滝沢は21番組、指原は15番組)。ギャルキャラで率直な物言いだが、振る舞いに品があるため、幅広い層に受け入れられていそうだ。

そして、滝沢と同じく現役モデルの佐藤栞里が44本で5位につけた。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に『王様のブランチ』(TBS系)と、昼のレギュラーを2本持つことからも、主婦層や年配層にも好かれるキャラクターであることが証明されている。

このほかトップ10では、新井恵理那と藤田ニコルが41本で同率6位。アナウンサーで最高位となった新井は、ニュース番組で培ったスキルを生かし、レギュラー3本とも司会進行の役割を担っている。藤田は『ヒルナンデス!』のレギュラーを持つ一方で、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)や『有吉ジャポン』(TBS系)など、深夜帯でも存在感を示している。

トークスキルが高く、母親としての一面も持つSHELLYは8位にランクイン。佐藤、藤田と同じく『ヒルナンデス!』のレギュラーであり、NHKを含む全局に出演している。そして、今回のランキングで唯一NHKのレギュラーを持つ足立梨花は9位、19歳の岡田結実が最年少で10位に入った。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
川田&みな実アナが強い
エンタメ!連載記事一覧