色鮮やかフラットサンダル 軽快おしゃれに休日コーデ宮田理江のおしゃれレッスン

カラフルなフラットサンダルで足元から春を呼び込もう(c)Document Journal
カラフルなフラットサンダルで足元から春を呼び込もう(c)Document Journal

近ごろの足元はスポーティーで軽やかな方向に「進化」が続いています。もはや当たり前になったスニーカーよりも伸びやかな気分に誘ってくれるのが足に優しいフラットサンダルです。足先が解放されて、楽なうえに、着こなしにリラックス感が加わるので、休日の装いにピッタリ。250年近い歴史を持つ代名詞的な存在のドイツブランド「Birkenstock(ビルケンシュトック、以下ビルケン)」はおしゃれアイテムとしても支持が広がってきました。これからの季節にふさわしい、涼やかな装いにもマッチするスタイリングのコツをつかんで、足元から春を呼び込んでいきましょう。

「ブラック×ホワイト」コーデで洗練されたリラックスを演出

ビルケンをドレッシーに履きこなすコーデのお手本をしめした女優のシャーリーズ・セロン

黒い服と白いサンダルは、コントラストがくっきりして、シャープな着映えに仕上がります。女優のシャーリーズ・セロンは上半身を黒、腰から下を白できれいに色分け。白のワイドデニムパンツに、つややかな白の「シエナ」モデルを添えて、質感の違いを際立たせました。

上半身を黒系で整えると、顔周りがシャープに映ります。一方、ボトムスを白でまとめれば、軽快な足元を演出できます。足指のペディキュアがのぞいて、フェミニンで伸びやかな見え具合に。女性がメンズ風のパンツやオーバーサイズのアウターなどを装うことが人気ですが、このように足先だけ肌見せすると、程よい「抜け感」が出て、こなれて見えます。素足で履くだけで、ヘルシー感も演出できる簡単技です。

スタイリストのレスリー・フレマーは赤のペディキュアで黒ビルケンを引き立てました

黒主体のシックな着姿にも、黒の「シエナ」モデルは自然に溶け込みます。黒で統一したパンツスーツはクールな着映え。お仕事ルックを普段使いにスイッチするなら、靴をムードチェンジャーに位置づけて。

パンツスーツは2020年春夏の世界的なトレンドとして注目されています。新たに浮上したのは、日常使いの着こなし。ビルケンは絶好のムードチェンジャーになってくれます。写真のモデルは有名スタイリストでもあるだけに、最旬ルックを取り込んで、パンツスーツを白Tシャツでコーデ。お仕事用と決め込まないで、プライベートシーンでもマルチに着回せば、スーツの出番がぐっと広がります。クラシカルなバッグを添えて、サンダルとのコントラストを引き立てるのも、賢いスタイリングです。

注目記事
次のページ
さわやかな「ブルー」をコーデの新顔差し色に