在宅勤務で会えない不便と寂しさ 雑談チャットで解消

日経doors

新型コロナの影響で長引くテレワーク(写真はイメージ=PIXTA)
新型コロナの影響で長引くテレワーク(写真はイメージ=PIXTA)
日経doors

新型コロナウイルス感染症の影響で、推奨されているテレワーク。ただ、かつてないほどの長期間に及んでいることから、課題も見え始めている。テレワークを導入する企業の最前線に迫った。

新規開拓の営業もテレビ会議で

システム開発のクラスメソッド(東京・千代田)は今年1月末から300人の社員のほぼ全員がテレワークを実施しているという。同社で営業を担当する西羽葵さんは「社内の業務だけでなく、お客様との打ち合わせもテレワークで実施しています。担当が新規顧客の開拓なので、お客様の大半が初めてお会いする方ですが、画面越しのやり取りでも問題ないです。グーグルが提供するG Suite(ジースイート)というサービスの『ハングアウトMeet』というテレビ会議機能をよく利用するのですが、テレビ会議画面に入るためのURLを相手に送り、アクセスしてもらえば簡単に始められます」

西羽さん自身は普段からテレワークで働いていたこともあり、テレワークに切り替えとなっても大きな戸惑いはなかった。ただ、ここにきて課題も見えてきたという。

「営業先では新たにテレワークを始めてみたというところも増えてきて、若干手間がかかることもありました」と西羽さん。

「慣れていないお客様はテレビ会議画面に入るためのURLにどうアクセスすればいいか分からずに、戸惑ってしまうことも。結果、ミーティングが15分遅れでスタートしたこともありました。ただスタートできさえすれば、問題なくやり取りできています」という。

クラスメソッドの西羽葵さん。社外の人ともテレビ会議で打ち合わせする

同僚から「さみしい」との声

社外の人だけでなく社内間でのやり取りも、テレワーク期間が長期間に及んでいることから、不便さを感じることも出てきたという。

「隣に気軽に話しかけられる同僚がいないので、さみしさを感じることがあります」と西羽さん。同僚からも「そろそろ会いたいね」というメッセージが送られてくることもあったという。

注目記事
次のページ
夫婦二人テレワークで情報漏洩に配慮