海の底の岩石に微生物の群れ 火星に生物の可能性も

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

2010年の南太平洋の掘削調査で採取した岩石サンプル。生命が存在する可能性が低いと考えられていたが、微生物の密度はヒトの腸内レベルの高さだった。(PHOTOGRAPH BY CAITLIN DEVOR, THE UNVIERSITY OF TOKYO)

太平洋北西部の海底下265メートルを超える火山岩の中に、微生物の群集が見かったのは2013年だった。堆積物の下にあったものの、この火山岩はまだ若く、十分に熱をもっていた。おかげで海水がしっかり化学反応を起こしており、微生物はその反応からエネルギーをもらっていた。

しかし今回、別の研究チームが、南太平洋の真ん中にある非常に古くて冷たい海洋地殻でも、微生物の群集を発見した。微生物がいたのは、火山岩の亀裂を埋める粘土の中だった。これらの微生物がどうやって生きているのかはまだわからない。だが、その密度は13年のものより100万倍以上も高かった。

「正直に言って、信じられませんでした」と、東京大学大学院地球惑星科学専攻の鈴木庸平准教授は、細胞が満ちあふれる岩石の薄片を初めて見たときのことを振り返る。氏は、2020年4月2日付で学術誌「コミュニュケーションズバイオロジー」に発表された論文の筆頭著者だ。

今回の発見により、微生物が同じように海洋地殻に広く存在するかもしれないという驚くべき可能性が示唆された。海洋地殻は、所々でエベレストと同じくらいの厚さのある岩石層で、地球表面の5分の3以上を占めている。

さらに、宇宙に目を向ければ、火星にも同様の岩石層がある。火星の表面にはかつては大量の水があり、40億年ほど前にはおそらく広大な海があったことがわかっている。もしそこに生命が満ちあふれ、水の一部が地下に流れ込んでいたなら、火星の火山岩の亀裂の中で今も微生物が生きているかもしれない。

「海があれば、生命はこうした亀裂を通ります」とスペイン、宇宙生物学センターの上席研究員であるマリア・パス・ソルサノ氏は話す。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
ベルトコンベアの中の生命
ナショジオメルマガ