テレワークにも応用できる スピード仕事術のノウハウ八重洲ブックセンター本店

1階入り口のメインの平台に展示する(八重洲ブックセンター本店)
1階入り口のメインの平台に展示する(八重洲ブックセンター本店)

ビジネス街の書店をめぐりながら、その時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今回は定点観測している八重洲ブックセンター本店だ。訪れたのは緊急事態宣言が出て7日目の14日。近くの東京駅構内も八重洲の街も歩く人の姿は少なく、来店客はめっきり減っている。そんな中、新刊の中で勢いがあったのは、仕事が速くなる原則やメソッドをわかりやすくまとめた仕事術の本だった。

時間管理術を自ら研究

その本は石川和男『仕事が速い人は、「これ」しかやらない』(PHP研究所)。著者の石川氏は建設会社経理部の社員としてキャリアをスタートし、自ら効率的な時間管理術を習得、その研究と普及を時間管理コンサルタントやセミナー講師として進めるほか、建設会社役員、税理士、大学講師も掛け持ちするというマルチなビジネスパーソンだ。かつては夜11時までの残業が当たり前だった自分が仕事が速い人に変わった体験をもとに仕事が速い人の行動の要点をわかりやすくまとめている。

まず語られるのが7つの原則。「あらゆることに期限を決める」「5秒で動く」「動きながら考える力を持つ」「すべての仕事を細分化する」「他人の時間を上手に使う」「仕事は時給で考える」「やらないことを決める」がその7つだ。

これらの原則をもとに、より具体的なスキル、メソッドを指南していくのが2~6章。2章では、朝イチの仕事のやり方、タスクを管理する「やることノート」の活用法、「付箋紙でタスク管理するな」といったタスク処理メソッドが紹介される。3章ではコミュニケーションに焦点を当て、4章はチームでの仕事の仕方、5章ではクリエーティブな仕事のやり方、6章では生活習慣やメンタル、読書術まで視野に収める。

ビジネス書などの書評を紹介
次のページ
説得力ある体験談
ビジネス書などの書評を紹介