これってOK・NG? ビジネスマナー、先輩1000人の回答

この春も多くの若者が社会に巣立った。

新社会人がまごつきやすいのがビジネスマナー。

これは○か×か。ビジネスパーソン1000人に聞いた。

◆◆マナー違反だと思わない◆◆
■1位 上司よりも遅く出社する  809人

多様な働き方が広がったこともあり8割以上がマナー違反ではないと考えている。「5分前行動、10分前行動がとれれば十分」(62歳女性)。「これがダメならブラック企業」(25歳男性)。モーレツ主義の昭和の時代ならともかく、今は令和の時代だ。「こんなことを言うのはパワーハラスメント」(60歳男性)という声も。ただ世代別では20~30代が40代よりマナー違反と思う人が多い。パソナグループの芝陽子さんは「上司世代を部下世代が気遣っているのでは」とみる。

■2位 パソコンやスマホでメモを取る  786人

会議や打ち合わせなどでパソコンやスマートフォンでメモを取る光景が珍しくなくなってきた。それが一般的な業界もある。調査でも「今や当然」(60歳男性)という声が多かった。ただ、習慣化されていない古いタイプの会社だと、別の仕事をしていると誤解される恐れがある。リクルートマネジメントソリューションズの小松苑子さんは「そのような場合は、『恐れ入りますが手元のパソコン(スマホ)でメモを取らせていただいてよろしいでしょうか』と一言告げる方がいい」と話す。話している人に安心感を与えるため、時々は目線を相手に合わせたり、相づちを打ったりすることも有効だ。

■3位 ビジネスメールで「~させていただきます」と書く  753人

「慣用的に使っている」という意見が多かった。しかし「乱用すると読みにくくなって相手のストレスにもつながる」と平野さんは指摘する。資料を送る場合なら「資料を作成し、お送りします」で十分という。「~させていただく」は本来、相手に許可を求める意味合いが含まれている。「(多くの人は)許可ではなく、一方的に『~しますよ』という意味で使うからマナー違反」(63歳女性)という意見も。「押しつけ敬語」と言われるゆえんだ。使う状況にはくれぐれも注意したい。

■4位 メールの末尾に「iPhoneから送信」と書いてある  751人

この文言はスマートフォンのiPhoneで返信すると自動的につく。「至急、返事しているという様子が伝えられる」(58歳女性)。「パソコンで送らなければならない理由もない」(40歳女性)と考える人が多い。ただ、読み返さずに返信したと思われかねない。「簡単に消すことができるので配慮不足と思われる」(田山一郎さん)

■5位 「CC」に入っている人の名前が文中にない  735人

「念のため見てほしい人」に情報共有する際に使うのがCC(カーボンコピー)。「あくまでご参考」(50歳女性)、「全員の名前を載せたら本文が長くなる」(43歳女性)といった回答が目立った。ただ、平野友朗さんは「『送信者のみ』で返信されると、後で転送しなければならないことも」と注意する。

■6位 上司に「お疲れさまでした」と言う  721人

混同されやすいのが「ご苦労さま」。これは目上の人が使う言葉で、部下が使うと明らかなマナー違反だ。一方、「お疲れさまは上の人にも下の人にも使える」(53歳女性)として一般的に使う会社もあるようだ。専門家も「慣用句にもなっており、マナー違反とまでは言えない」(田山さん)と肯定的だ。

■7位 ビジネスメールで「~していただけると助かります」と書く  710人

「お願い事や依頼をする文言だから」(37歳女性)、とおおむね肯定的に受け止める人が多い。「相手との関係性にもよるが『してください』と書くより丁寧」(60歳女性)。ただ「いんぎん無礼」(63歳男性)と感じる人も。「『~していただけますか?』と問いかけにした方が無難」と田山さんは話す。

■8位 メールにその日中に返信しない  632人
■9位 顧客や上司との会話で「なるほど」と連呼  566人
■10位 文末に電話番号やメールアドレスを書いた署名がない  536人
注目記事
次のページ
「マナー=絶対正しい」は誤り
今こそ始める学び特集