突然現れ、突然消えたSARS

今、世界を揺るがしているCOVID-19と同じコロナウイルスによる感染症がSARSです。最初に確認された感染者が、2002年11月16日、中国南部の広東省で農業に従事する若い男性でした。

この男性は回復して退院しましたが、その後の数週間で同じ症状を示す患者が次々と現れました。患者の多くは最初の男性と同じく無事に回復しましたが、死亡する人も出ました。

03年1月から4月までのSARS(重症急性呼吸器症候群)の広がりを示したイラスト。中国から世界各地へと拡がっていった。COVID-19の拡大と似ているようにも見える(書籍「ビジュアル パンデミック・マップ 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史」日経ナショナル ジオグラフィック社 より)

3カ月後、広東省でこの病気の治療にあたっていた医師の1人が結婚式に出席するため香港に向かいました。この医師は香港のホテルにチェックイン後に体調を崩し、数日後に死亡。医師のホテル滞在は24時間にも満たなかったものの、近くの部屋に泊まっていた宿泊客にもすでに感染が広がっていました。

78歳のカナダ人女性も感染した1人で、2日後にカナダのトロントに戻った彼女は、その時点で肺炎に似た症状になって亡くなります。それからの数週間で、カナダでは約400人が同様の症状を訴え、トロントの住民2万5000人に隔離措置がとられ、うち44人が死亡しました。

このホテルに宿泊していたもう1人は、ベトナムに向かう飛行機の機内で具合が悪くなり、ハノイの病院に運ばれますが、やはり病院で亡くなり、ここで医療スタッフや他の患者に感染が広がります。

WHOの職員で、ハノイを拠点に活動していた感染症が専門のイタリア人医師カルロ・ウルバニ氏に、病院から緊急要請の電話が入ります。ウルバニ氏は、この病気を今までにない未知の感染症だと結論付け、WHOに警戒態勢を敷くよう連絡しました。その彼もSARSに感染して亡くなっています。

SARSは主に感染者との濃厚な接触(キス、ハグ、直接接触、食器やコップの共有、1メートル以内の接近)により感染すると考えられています。

COVID-19と同様、SARSも、患者が咳(せき)やくしゃみをしたときに飛び散る飛沫によって広がると考えられています。飛沫が付着した表面や物体に触れた手で口や鼻、目を触ったときにもウイルスに感染します。広い範囲の空気感染や他の経路による感染が起こっている可能性もあるが、完全には解明されていないのが実情です。

03年4月23日、北京郊外に1000床のSARS専門病院が開院します。ところが、治療した患者はわずか680人で、6月の終わりにはもはや必要がなくなります。WHOは中国でSARSの危機が去ったと判断。7月初めにSARS患者が出た29カ国でのSARSの終息を宣言します。北米、南米、ヨーロッパ、アジア諸国を巻き込み、8098人の患者と774人の死者を出したSARSの大流行は、このように突如として始まり、あっという間に終息しました。

一般に人に感染するヒトコロナウイルスは、かぜを引き起こすウイルスとして既に知られていましたが、重篤になることはまずありません。02年に登場したSARSこそ、当時の「新型コロナウイルス」だったわけです。

SARSはCOVID-19の前に登場した新型コロナウイルスで、今のところ封じ込めている(書籍「ビジュアル パンデミック・マップ 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史」日経ナショナル ジオグラフィック社 より)

SARSが消えてから、12年に中東でMERSを引き起こすコロナウイルスが、そして19年に猛威をふるうCOVID-19が登場しています。ウイルスと人類の闘いの歴史に、COVID-19がどう記録されるのか。私たちの行動にかかっていることは確かです。

(文=編集部、日経ナショナル ジオグラフィック社)

関連記事

■ワクチンはなぜ重要なのか? その歴史と仕組み

ナショジオメルマガ