食事・学習・健康管理…子育ての味方「ベビテク家電」戸井田園子の白物家電トレンドキーワード

家電の進化をキーワードで解説する本連載。今回取り上げるキーワードは「ベビテク家電」です。核家族化が進み、子育ての人的リソースが不足している今、子育て(ベビー)を支援する技術(テクノロジー)である「ベビーテック」が注目されています。技術の進歩とともに、日々進化する「ベビテク家電」について、家電コーディネーターの戸井田園子さんが解説します。

◇  ◇  ◇

新型コロナウイルスの感染リスクを軽減するため、テレワークを推進する企業が広がってきています。また、学校が休校になっている地域では、自宅で仕事をしながら子育てしなければならない状況になったご家庭も増えていることでしょう。そこで注目されているのが、子育てを支援する技術「ベビーテック」を使った「ベビテク家電」です。

「ベビーテック」とは、その名の通り「子育てを支援する技術」のこと。「ベビーテック」という言葉が登場したのは、2016年に米国で開催された世界最大級のテクノロジー見本市である「CES(Consumer Electronics Show)」。日本でも、19年から「ベビーテックアワード・ジャパン」が開始されました。どちらも以下の5部門に分けて家電を紹介しています。

1.Baby Eats(赤ちゃんの食事)

2.Baby Learn & Play(赤ちゃんや幼児の学習と遊び)

3.Baby Safety (赤ちゃんの安全)

4.Healthy Baby(赤ちゃんの健康管理)

5.Fertility & Pregnancy Help(不妊治療と妊婦さんの支援)

ベビーテックは、米国ではすでに大きく伸長しています。米国と比べると、日本のベビテク家電市場はまだ大きくありませんが、この流れは、間違いなく日本にもやってきます。20年は「ベビテク家電元年」になるかもしれません。

そこで、現在、日本でも手に入るベビテク家電を見ていきましょう。

【食事】仕事をするお母さんの授乳を支援

まずは「Baby Eats(赤ちゃんの食事)」。

赤ちゃんにとっての食事と言えば「授乳」です。粉ミルクであれば夫婦どちらでもできますが、母乳のみの場合はどうしても母親一人に託されます。最近は子育てに協力的な夫も増えていますが、こればかりは手伝うことができません。

母乳で育てる場合、気になるのが母乳の量のこと。赤ちゃんがおっぱいから直接飲むと、その月齢に必要な量がちゃんと出ているのか、または多すぎないか、感覚だけでは正確にわかりません。そこで活躍するのが、自動搾乳機。母乳の量を量る機能がついているため、正しく量が把握できます。最近はスマートフォンと連携して母乳量を記録するものもあるため、母乳量がしっかり管理できます。

自動搾乳機「さく乳器 母乳アシスト 電動Pro Personal」(ピジョン)。スマホの専用アプリを使えば、今のおっぱいの状態にあわせて3つの吸入リズムを選ぶことができる。直販価格1万6500円

最近は子どもを出産した後に短期間で職場復帰する女性も増えています。断乳が終わらないまま復職した場合、業務時間中に母乳を搾らなければなりません。これを「搾乳」といいます。でも職場復帰後、問題になるのが搾乳する場所です。仕事中に搾乳する場所は限られていて、多くの人はトイレで行っています。しかし、赤ちゃんに飲ませるものをトイレで搾乳することに抵抗を感じている人が多いのも事実。

米国では、ブラジャーの中にセットするタイプの自動搾乳機「Elvie Pump」(elvie.com)という製品が発売されています。これならトイレに行かなくても搾乳できる上、振動音もしないので、会議中に搾乳が始まっても誰にも気づかれません。いつか日本でも、こんな製品が発売されるかもしれませんね。

【学習&遊び】知育アプリで子育てを支援

「Baby Learn & Play(赤ちゃんや幼児の学習と遊び)」は、日本でも身近になっているベビーテックです。たとえば在宅学習を支援する知育アプリ。休校や休園が広がるなか、知育アプリを利用しているご家庭も多いのではないでしょうか。子ども専用スマートフォンやタブレットなどが登場するようになった今、このジャンルのベビテク家電はますます増えていくことが予想されます。

「Fire 10 タブレット キッズモデル」(Amazon)。子どもの年齢を設定するだけで、年齢に応じた絵本や学習まんが、児童書のほか、子ども向けアプリ、ゲーム、ビデオ、その他の知育コンテンツなど数千点が自動表示される。直販価格1万9980円
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
【安全】別室でも安心「ベビーモニター」
MONO TRENDY連載記事一覧