テレワークの達人に聞く 情報・時間管理のスゴ技10

日経doors

テレワークの達人は情報共有・時間管理の達人でもある(写真はイメージ=PIXTA)
テレワークの達人は情報共有・時間管理の達人でもある(写真はイメージ=PIXTA)
日経doors

在宅勤務、リモートワーク……というと、これまではワーキングマザーや共働き家庭の仕事と家事の両立を支援するための施策のイメージが強いかもしれない。だが、先進的な組織では、立場や年齢にかかわらず、誰もが時間と場所を選ばず、自由に働き方を選択できる環境や風土が整っている。

「うちの会社では、普段から、独身、既婚、子持ち関係なく、誰でもテレワークができています。独身である私も、定期的にテレワークをしています」というのは、大手IT企業で新規事業を担当している32歳のAさん。

「私はこれまで、好きな時に好きなように活用していましたが、新型コロナウイルスの影響で全社員がテレワークに。それでも普段と変わらず仕事ができています」

【スゴ技1】気持ちを伝えるメッセージは意識して使う

Aさんは、リモートで仕事をするとき、チームメンバーとのコミュニケーションで「気持ち」を伝えることを大事にしている。「コミュニケーションは、ビジネスチャットの『Slack(スラック)』というツールを使っています。始業や退勤時の単なる報告でも、絵文字スタンプをうまく使ったり、+αの言葉を加えたりして意思表示しています。時には、『感動して泣きそうになった』『今のは、ショックだよねぇ』と、対面で話すとき以上に相手に気持ちを伝えられるように工夫しています」

(Aさんの職場で実践されている、報告+αで気持ちを伝える例)
◆「業務を開始します~。在宅は仕事がはかどりますが、腰が痛くなりますね 笑」
◆「おはようございます。業務開始します!在宅、すごくいいなと感じています!」
◆「今週もお疲れさまでした。良い週末を!」
◆「退勤します、おつかれさまでした」

【スゴ技2】自分の担当分野以外にも目を配って応援

新規事業の企画という仕事柄、取引先との打ち合わせやリサーチなどで外出することが多く、他部署に比べてメンバーがどこで何をしているのか、チームが把握することが難しい部分もある、とAさん。

「だからこそ、あえて自分が担当ではないチャンネルのタイムラインを見に行って、商談が進みそうな案件の報告に積極的に絵文字スタンプを使って盛り上げたり、雑談を持ちかけたり。なるべく、職場全体で応援し合う雰囲気を作れるように心掛けています」

【スゴ技3】自主的に、テレカンミーティングをセット

Aさんの会社は、3月いっぱい、全社員が原則出社はしないテレワークに移行したが、「どうしてもチームメンバーの顔を見たくなったり、声を聞きたくなったりしている」という。そこで、「自主的に同僚とプチミーティングをセット」しているのだそう。

「ビデオ会議システム『Zoom(ズーム)』を使ったテレカン(テレフォンカンファレンス)やLINE電話を使った短い会議をしています。相互監視の効果もありますし、何より、仲間で仕事をしている感覚を取り戻せる。お互いの仕事の進捗を共有しながら、励まし合って仕事へのモチベーションを高めています」

次のページ
【スゴ技4】食事の時間を必ず決める