ホテイの焼き鳥缶詰 炭火にこだわり50年、味も6種に

日経クロストレンド

焼き鳥缶詰のフレーバーは6種類まで拡大している
焼き鳥缶詰のフレーバーは6種類まで拡大している
日経クロストレンド

缶詰の生産量日本一を誇る静岡県。マグロやカツオを使ったツナ缶が代表的だが、焼き鳥缶詰という一風変わった商品を主力とするのがホテイフーズコーポレーション(静岡市)だ。他社と同様、もともと輸出用のツナ缶を主力としていたが、高度経済成長期に人件費の上昇や原材料であるビンチョウマグロの価格高騰で、別の活路を模索。安定的な供給が見込める鶏肉を使った焼き鳥の缶詰を1970年に発売した。これがヒットし、あっという間に看板商品に。2020年は発売から50年を迎える節目の年となる。

市場に定着した焼き鳥缶詰だが、開けるだけで食べられる手軽さや、長期間常温保存できる点ばかりに注目されてきた。そのため、40~50代の男性が酒のつまみとして購入する商品というイメージが付いている。08年以降、ガーリックペッパー味や柚子(ゆず)こしょう味、うま辛味などのラインアップを増やし、おかずとしても食べられる点を訴求。「おつまみとおかずの比率がようやく半々くらいになってきた」(大木泰人販売部長)。販売数量を伸ばすためにはさらなる食用シーンの開拓が不可欠で、最近は味噌汁の具やタンドリーチキンなど、アレンジレシピの提案にも力を入れているところだ。

20年3月には、6つ目のフレーバーとして「やきとり塩レモン味」を追加。これまでの商品よりもあっさりとした味付けで、パスタとあえるなど料理の具としての利用にも適しているという。

「やきとり柚子こしょう味」を味噌汁の具として使う提案も

新たなターゲットとして狙うのは女性や若者だが、缶詰には保存食のイメージが強く、味や品質に関心を持つ人は少ない。「缶詰は120度の蒸気で殺菌して密封しているので、実は保存料や防腐剤は一切使っていない。しかしあまり知られていない」とホテイフーズの山本達也社長。しかもやきとり缶詰は中身も本格派。50年前から100%国産鶏肉を用い、しかも本物の炭を使って焼いているという。しかしその特徴を伝えられているとは言えなかった。缶詰は封を開けるまで中身を見ることができないし、パッケージで伝えられる情報量には限界がある。

やきとり缶詰は120度の蒸気で30分ほど加熱殺菌している。保存料や防腐剤は使われていない

そこでホテイフーズが19年5月から始めたのが、静岡県富士市にある富士川工場の一般公開だ。現在は新型コロナウイルスの影響で受け入れを取りやめているが、20年2月までで15件89人が訪れたという。数だけ見ればそれほど多くないが、毎週火曜日の1回だけ、しかもマイカーがないとアクセスが難しい立地であることを考えれば、善戦していると言えるだろう。

ホテイフーズコーポレーション(静岡市)は2019年5月から一般消費者向けの工場見学をスタート。Facebookなどで告知している(新型コロナウイルスの影響で20年4月現在は受け入れを休止中)

「もともと、工場の内部を広く公開するのはタブー中のタブーだった」と山本社長。工場見学は地域の小学生の社会科見学にとどめてきた。しかし、商品の安全安心を伝えようと、商品がどう作られるのかを紹介するテレビ番組の取材を受けたのが転機になったという。何度か取り上げられるうちに「番組を見た消費者から『本当に炭火で焼いているんだ』という反応が返ってくるようになった。メーカーとして一番伝えたい特徴が、ダイレクトに伝わる方法だと気づいた」(山本社長)。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
実際に炭火で焼いている工程をきちんと見せる
MONO TRENDY連載記事一覧