来店客ゼロの週も 100円のチョコレート菓子買えない

「子どもと自分の2人分の食費すら困っている状態です。スーパーに行って子どもから100円のチョコレート菓子をねだられても『今日は我慢して』と言わなければならない自分が情けない」

前橋市の中野裕子さん(仮名、54)は、小1の孫と暮らす「祖母子家庭」だ。エステサロンを経営しているが、2月下旬から3月末までの収入は、数万円にとどまった。

例年3月は、卒業式や各種イベント、海外旅行後のスキンケアなどで来店客が増え、普段の倍以上の収入を見込めるという。しかし今年は新型コロナウイルスの影響で、増収どころか1週間、来店客のない時期すらあった。

子どものために100円のチョコレートを買ってあげられない(写真はイメージ=PIXTA)

一方で家賃や電気・ガスなどの光熱費は発生する。さらに「職業上、たとえネットで一箱5000円であっても、マスクは買わざるを得ない。店の消毒に使う次亜塩素酸水も高価で、仕入れ額はいつもの何倍もかかっている」と嘆く。

中野さん自身がシングルマザーとして、娘を育てながら20年間、サロンを経営してきた。現在は離婚した娘の子どもを預かっている。高齢でがんを患う母親や、子どもと離れて懸命にパートに励む娘に不安を与えたくないと、誰にも相談できずにいる。

中野さんは「自粛ムードはいつ収束するのか、常連客が戻るまで店の資金繰りを維持できるか、不安しかない。この1~2カ月でいいから、生活費をサポートしてほしい」と訴えた。

1日2食に減らして食費抑えるも4月・5月を乗り切れない

厚生労働省の2016年度の調査によると、母子家庭の母親の平均年収は200万円。同居家族の収入なども含めた世帯年収の平均額は348万円で、全国平均の約半分ほどだ。

シングルマザーの就労支援や相談事業にあたるNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」(東京・千代田)が3月2~5日、新型コロナウイルスに伴う影響を調査した結果、回答者232人のうち43%が「収入が減る」、5%が「収入がなくなる」と答えた。

同法人理事長の赤石千衣子さんは「米飯を雑炊にしたり3食を2食に減らしたりして、給食のない3月の食費増加を抑える家庭がかなり存在する。感染拡大の長期化も予想される中、こうした家庭が4月、5月を乗り切れるだろうか。状況はかなり危機的だ」と話す。

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(東京・中央)代表理事の平田麻莉さんも「フリーランスの中には一定数、シングルで小さな子どもを抱え、やむなく組織に所属せず働くことを選んだ人がいる。彼らは大打撃を受けており、生活も困窮しかねない」と指摘する。同協会が3月3日に実施したアンケート調査でも、「公共施設の閉鎖に伴い、担当レッスンがすべてキャンセルされた」(フィットネスインストラクター)といった、ひとり親の悲鳴が相次いだ。

次のページ
どんな書類が必要? 分かりづらい行政用語