powered by 大人のレストランガイド

50位以内に12の日本店 アジアの人気レストラン

「アジアのベストレストラン50」で受賞したシェフらの表彰式が小規模で開催された(都内)
「アジアのベストレストラン50」で受賞したシェフらの表彰式が小規模で開催された(都内)

アジアで人気のレストランを投票する「アジアのベストレストラン50」が3月末に発表された。1位は2年連続でシンガポールの「Odette(オデット)」、2位は前年の11位から順位を上げた香港の「The Chairman(ザ・チェアマン)」で、3位には前年と同じ日本料理の「傳(でん)」(東京・渋谷)が選ばれた。日本は50位以内に12店がランクインするなど圧倒的な存在感を見せつけている。しかし傳の長谷川在佑シェフは「今までで一番しっくりこない」と首をかしげる。美食の世界で今、何が起こっているのだろうか。

まずはランクインした日本の12店を見てみよう。注目したのは大阪市の「La Cime(ラ・シーム)」と東京都渋谷区の「Ode(オード)」だ。

「ラ・シーム」は18年に17位で初登場し、19年は14位、20年は10位と順位を上げてきた。さらに今回、高田裕介シェフは同業シェフの投票によって選ばれる「シェフズ・チョイス賞」も受賞している。

生井祐介シェフは2017年に「オード」をオープン。ミシュランガイドで一つ星を獲得している。メニューはおまかせのみで、昼は7000円(税・サ別)、夜は1万5000円(同)

「オード」は初登場で35位。生井祐介シェフは17年にオープンしたときからベストレストラン50を意識し、内装や料理や器選びなど、すべてにおいて「何故それを選ぶのか」を追求してきたという。

店の代表メニューは「グレー」。イワシの頭と骨を混ぜて作ったメレンゲの下にはイワシのマリネと尾崎牛のタルタルが隠れている。グレーという色は一般に、食欲をそそらない、インスタ映えしない、などの理由で食の世界では敬遠されがちだ。

「オード」の看板メニューの「グレー2020」。グレーは生井祐介シェフの好きな色でもある
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト