ついに始まった「5G」 乗り換えを急ぐべきひとは?佐野正弘のモバイル最前線

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は2020年3月25日以降、相次いで、次世代通信規格「5G」の商用サービスを開始した。すぐに乗り換えを検討する必要はあるのか、探ってみよう。

料金プランは「使い放題」とサービスに違い

現行の4Gを大きく上回る「高速大容量通信」に加えて「多数同時接続」「超低遅延」といった特徴を持つ次世代通信規格「5G」。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代を迎え、自動運転や遠隔医療、スマートシティーといった未来の技術を支えるネットワークとして注目を集めている。

5GはIoT関連で様々なサービスが想定されているが、現在、一般消費者向けに提供されるのは、これまでと同じスマートフォン向けのサービスとなる。そこで3社が発表した5Gのサービス内容を料金プラン、端末、そしてエリアの3つについて比較。現時点で5Gへの乗り換えを検討すべきか考えてみる。

まず料金プランだが、3社とも5Gの高速大容量通信が生かせるよう工夫を凝らした。主力の大容量プランに関していうと、NTTドコモの「5Gギガホ」は月額7650円(税別、以下同)で通信量上限が100ギガバイト(ギガは10億、GB)。4G向けの大容量プラン「ギガホ」(月額7150円、通信量30GB。現在はキャンペーン中で60GBを利用可能)よりも500円高いが、その分、通信量の上限も増えている。

しかもNTTドコモは現在、「データ量無制限キャンペーン」と呼ぶキャンペーンを実施しており、これを利用すると5Gギガホの契約者は国内でのデータ通信を無制限で利用できる。同キャンペーンの終了予定時期は未定で、今後、通信量無制限が通常のプランとなる可能性もある。

NTTドコモの「5Gギガホ」の通信量上限は100GBだが、キャンペーンで当面は国内での通信量が無制限となる

auは当初から無制限プランを提供する。主力プランは月額8650円でスマホからのデータ通信が使い放題となる「データMAX 5G」だ。4G向けの無制限プラン「auデータMAXプラン Pro」(月額7650円)に月額1000円の上乗せで5Gが無制限で利用できる。無制限といっても、テザリングや国際ローミング利用時は30GBの上限がある。また通信量が2GB以下の場合は1480円の値引きがなされ、月額7170円となる。

データMAX 5Gには基本メニューに加えて、2つの拡張メニューがある。1つは動画配信サービスの「Netflix」と「TELASA」をセットにした「データMAX 5G Netflixパック」(月額9650円)。もう1つはそれら2つに加えて音楽配信サービスの「Apple Music」と動画配信サービス「YouTube Premium」をセットにした「データMAX 5G ALL STARパック」(月額1万1150円)である。いずれも個別にサービスを契約するより、割安な料金が設定されている。テザリングや国際ローミング時のデータ通信量上限もそれぞれ60GB、80GBに増量される。

残るソフトバンクは5G用の料金プランを用意しなかった。既存の4G向けの料金プランに月額1000円の「5G基本料」をプラスすると5Gが利用できる仕組みにした。

そうした中、主力のプランとなりそうなのは、3月12日から提供されている新料金プラン「メリハリプラン」。これは月額7480円で50GBの通信量が利用できるというもの。「YouTube」「Instagram」など14のサービスと、ソフトバンクが5G時代に向けて提供するエンターテインメントサービス「5G LAB ベーシック」が通信量にカウントされないことから、実質的には50GB以上の通信が可能だが、他の2社とは異なりスマホからのデータ通信が無制限になるわけではない。なお、auのデータMAX 5G同様、通信量が2GB以下の場合は値引きされる。ソフトバンクは1500円だ。

ソフトバンクは5Gサービス開始に合わせて「メリハリプラン」を提供。通信量は最大50GBだが、14のサービスは通信量をカウントしない

下の表に各社の主力の5G料金プランをまとめた。いずれも基本的には割引やキャンペーンによる値引きを適用しない場合の料金である。実際に契約する際は、より安価な月額料金になると考えられる。

携帯3社の主力5G料金プラン比較
注目記事
次のページ
端末は中国メーカー製が急増した
今こそ始める学び特集