部下の感情にも寄り添う トップに欠かせない信頼感シスコシステムズ・アジア地区代表 鈴木みゆき氏(下)

――シスコには次のリーダーを育てるような仕組みはあるのですか。

「サクセッションプランニングという、後任を育成する取り組みがあります。半年に1度、リーダー候補の育成計画を出してリーダーシップチームの中で議論する。場合によっては自分の部下ではない人でも、自社以外で働いている人でも自分の後任として考えたりしています。将来のリーダーのパイプラインをつくるイメージでしょうか。リーダーとしての潜在力を持つ人たちに対して、メンタリング(指導)やコーチングなど色々なトレーニングも提供していく仕組みができあがっています」

――海外経験が長いことが、仕事や生き方に影響を与えていますか。

「私の父は商社マンでオーストラリアや英国に転勤したので、私も子どものころから海外生活でした。小学生のときはオーストラリアのメルボルンに住んでいましたが、周りは金髪の子ばかり。一人だけ違うなと意識していました。でもそれは違和感ではなくて、逆に自分の個性、特徴として受け入れていました」

父の転勤に伴い、子供のころから海外で生活する時間が長かった

「38年前にロイター通信で働くことになったとき、帰国子女は必ずしもいいイメージばかりではありませんでした。帰国子女だから言いたい放題で、ちょっと変わった発想する女性と見られて、少し孤立したときもありましたが、最後は皆うなずいて受け入れるという感じでした」

「出る杭(くい)は打たれると言いますが、海外は逆で、とがった方がいいのです。日本でもこれからデジタリゼーション(モノやサービスのデジタル化)が進むはずです。とがった発想がすごく大事になります。軽蔑されるのではないかと気にしないで、思いついたことは言ってみる。人と違う意見を述べるということが求められると思います」

経営層は社内外の人脈も求められる

――転職したことで苦労したことはありますか。

「技術職ではないので、専門性に欠けるけど大丈夫かなと不安に思ったことは何回もあります。でも経営層になると、技術の知識や専門的な仕事の内容よりも、組織の在り方、組み方、チームの構成、人材育成、ビジョンの描き方などが大事になってきます。組織というものは、社内で人を集めてつくるだけでなく、社外との関係や人脈をつくり上げなくてはいけません。そうした知識や能力が問われるのです」

「例えばシスコはBtoB(企業向け)中心の会社ですが、中小企業向けのサービスをつくるにはコンシューマー(消費者)に対応するようなノウハウが必要でした。日本テレコムではコンシューマー事業本部にいましたし、ジェットスターは完全にBtoC(消費者向け)企業です。そこで培ったコンシューマー向け事業の能力をシスコで生かせるという自信は若干あります」

――自身のリーダーとしての強みと弱みは何だと思いますか。

「強みは起業精神を持っていることでしょうか。大きな企業の中でも新しいこと、新しい価値や発想をチームで生み出すのが一番好きです。それが社員のモチベーションにもつながると思います。夢を伝えて、共感してもらって一緒に実現しようと、勢いづけの旗を振れるのが私の長所かな。そして経営トップに計画を売り込んで、お金を出してもらうことも私の役割でしょう」

趣味は演劇・オペラ鑑賞、旅行、ピアノなど多彩。「ピアノは以前は弾いていたんですが、最近はさっぱり」という。日課はないが、できる限りランニングする時間を確保している。「色々考えて切羽詰まった時、ランニングすると意外とアイデアが浮かぶ」。鈴木氏本人はシンガポールに生活拠点があるが、「娘と私たちで年に2回ほど会って、一緒にオペラ鑑賞に行くのが楽しみです」

「得意でないことはルーチン(規則的な活動)です。会社では手順とか過程とか、決まったものを守らないと混乱しますが、ルーチンは嫌いです。すぐ退屈しちゃうんですよ。定例会議でのレビュー(事業評価)とか。でも、周りにちゃんとこなしてくれる人材がいるので、私は助けられています」

「好きな言葉が2つあって、『It's better to have tried and failed than never tried.(試して失敗した方が、試さないよりはいい)』と『Go out on a limb, that's where the fruit is.(木の枝の一番先まで行ってみろ。そこにフルーツが実っている)』です。気持ちや体勢をちょっと前に伸ばして、物事に挑戦しよう。そういう精神が好きなのです」

<<(上)社内も若手も意識を改革 自由・奇抜な発想を引き出す

鈴木みゆき
1960年東京都生まれ。82年英オックスフォード大学卒、ロイター通信入社。その後、日本テレコム専務執行役員、レクシスネクシス・アジアパシフィック社長兼最高経営責任者(CEO)、ジェットスター・ジャパン社長などを経て、2015年シスコシステムズ日本法人社長、18年から現職のアジアパシフィック ジャパン アンド チャイナ プレジデント。

(笠原昌人)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら