ホンダ・新型フィット 乗り心地ゴツゴツ、視界は良好今回の目利き 米村太刀夫氏

ホンダの「フィット」が新しくなった。初代は2001年に誕生、斬新なレイアウトで室内の空間が極めて大きくなり、使い勝手は抜群だった。2代目は商品としては成功、海外での生産も進みワールドカーとしての地位も築いた。3代目は当初ハイブリッド車の制御プログラムにバグが残ったまま発売して、何度もリコールを行う苦い船出となってしまった。

ホンダの4代目「フィット」

試乗車の4代目はデザインが「温厚」なものとなり、ムーミンのような誰にでも愛されるカタチとなった。搭載されるエンジンは1.3リットルと1.5リットル+2モーターハイブリッドの2種類、試乗リポートは後者のe―HEV NESSのグレードをお知らせする。ホンダの2モーターハイブリッドは発進時からかなりの速度までモーターの推進力で走行するので電気自動車(EV)のような乗り味が楽しめる。しかし発電用に動作させているエンジン回転をあたかも変速ギアを切り替えているように「ウォーンウォーン」と変化させている。私は意味のないこの音作りに賛成できない。

米村太刀夫氏

車速が上がるとエンジンが直接駆動輪とつながるこのハイブリッドの方式はアコードなどで実績があるもの。動力性能は悪くない。ハンドリングの安定感は高い。乗り心地は硬めでゴツゴツした感じ。フランス車のようにソフトな味付けと聞いていたので失望した。ステアリングの舵(だ)角によってギア比を変化させる機構がある。直進から舵角が少ない領域では応答を鈍く、舵角が少し大きくなると鋭くする。直進していて舵角がとても少ない時にギアの遊びが気になった。

運転席からの視界は優れている。極端に細いAピラーの効果が大きい。インパネはメータークラスターの出っ張りがないので、これも良好な視界を助けている。シートのクッションストロークを大きく確保したのも美点の一つだ。新型フィットは、上位クラスの性能と快適性をコンパクトな車体に閉じ込めた製品であり、再び世界の頂点に限りなく近づいたのは間違いないだろう。

(自動車評論家)

[日経産業新聞2020年4月9日付]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧