テレワークの達人に聞く スゴ技10、イヤホンは3種類

日経doors

◇  ◇  ◇

Oさん(30代)は、外資の製薬会社でシステム整備の仕事をしている。会社でテレワークが導入されたのは約10年前、今や、海外のスタッフはほぼ在宅勤務で仕事をし、日本の社員も申請をすれば誰でもいつでもテレワークができる環境だ。

「新型コロナウイルス感染防止もあって、日本オフィスの在宅勤務率は上がりました。私もそれまでは週2回、在宅で仕事をしていましたが、今は一時的に、在宅を基本にして、用があれば出社するというスタイルに切り替えています」

【スゴ技8】顔が見たいときは迷わず出社する(※非常事態宣言の期間が終わったら)

申請次第で100%在宅勤務の働き方も選べるが、Oさんは時々出社できるようにしたいという。なぜなら、「たまにはチームメンバーの顔を見たくなるから」

「今はチームで週に1回、みんなで出社する日を決めています。それでも日々のやり取りでちょっとメンバーの顔が見たいなと思うときは、出社しています。在宅も出社も、効率を上げるために選択しているだけなので、出社したほうがスムーズに進みそうだなと判断したときは迷わず出社しています」

新型コロナで非常事態宣言が出ているこの時期は難しいが、宣言が終了したらこうした行動も再開することになりそうだ。

【スゴ技9】自分の中で定時を決める

Oさんが在宅勤務を実践する中で一番の課題は、「エンドレスに仕事をし過ぎてしまうところ」だという。

「始めたころは、話しかけてくる人がいないので集中し過ぎてしまって、休憩も取らずにひたすら座りっぱなし。しかも、在宅勤務のほうが残業時間も長くなってしまったんです」。そこでOさんが始めたのが、「自分で定時を決めること」。

Oさんは定時を17時半に設定している。朝6時から家族が起きてくる7時までは仕事のメールをチェックし、洗濯や食事などの家事を済ませて、9時半に始業。17時半まで、お昼休憩をはさんで集中する。「定時を過ぎたら、なるべく翌日のタスクにして切り上げます」

【スゴ技10】仕事場は植物とアロマでリラックス

それでもつい、仕事に没頭し過ぎてしまうため、自宅で仕事をする環境をリラックスできる場所に整えたという。

「仕事デスクは気が散らないように窓際に。パソコンの周りはアロマや植物で心地いい空間にしています」

「自分の好きな香りのお香やアロマをたいて、少しでも気分が安らぐようにしています。会社だと他の人もいるので、香りを楽しみながら仕事をするのは難しいですよね。デスクには植物を置いて、自分が落ち着ける場所にしています」

(取材・文 長野洋子=日経doors編集部)

[日経doors 2020年3月13日付の掲載記事を基に再構成]

私だけの扉を見つける!20~30代の独身ワーキングウーマン向けWebメディア

『日経doors』(日経BP)は、仕事、学び、遊びすべてに前向きな20~30代の独身ワーキングウーマン向けに、賢い選択のヒントが見つかる情報をお届けします。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、日経doorsメールをお届け。有料登録していただくと特集や連載をすべてお読みいただけます。さらにオンライン会議室やイベントご招待など、様々な特典を受けられます。

注目記事