あのCMも浜崎慎治 ヒットメーカーが挑む映画の現場

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

昔話の主人公たちが登場するKDDI/au「三太郎」シリーズをはじめ、松坂桃李や菅田将暉ら旬の俳優5人を集めた花王「アタックZERO」、堤真一とリリー・フランキーの掛け合いで人気を得た日野自動車「ヒノノニトン」など、数多くの話題作を手掛けてきたCMディレクター・浜崎慎治。ACCグランプリや電通広告賞優秀賞をはじめ、受賞歴は数知れず。CM好感得票数をもとに選出される「CMヒットメーカーランキング」(CM総合研究所発表)のディレクター部門では5年連続1位に輝くトップ監督だ。

浜崎慎治氏(左)

これまではプランナーが描いた企画を映像化してきた彼が、今回新たに向き合ったのは「脚本」。タッグを組むのは、電通のCMプランナーとしてソフトバンク「白戸家」シリーズを生み、映画『犬と私の10の約束』(2008年)、『ジャッジ!』(14年)などのシナリオを担当してきた澤本嘉光。浜崎監督が映画監督デビューを果たす『一度死んでみた』(3月20日公開)は、CM界の強力タッグのもと、制作された。

「映画は、いつかはやりたいなと思ってたんですが、オファーをいただいてもなかなかタイミングが合わなかったりして。

今回は、ギークサイト(『ジャッジ!』『来る』などの制作会社)の社長の小佐野(保)さんからまず話がありました。小佐野さんって不思議な人で、僕の人生の岐路に必ず現れる(笑)。その小佐野さんから『やってみませんか?』と渡されたのが、澤本さんの脚本でした。僕は澤本さんとも付き合いが長く、最初はTBSの『Tブー!S』で当時局アナだった田中みな実さんを撮ったり、東京ガスや家庭教師のトライをやらせていただいたりして。その澤本さんとのモノづくりは、僕にとってCMとあまり変わらない『ホーム』という感じがしたので、これはいい機会だな、と思ってお引き受けしました。

脚本を読んで思ったのは、かなり特殊なコメディだなということ(笑)。娘に家業を継いでほしい父親が、一度死んで、幽霊になって娘の前に出てくるという話なんですよ。『お化けか…できるかな』という不安はあったんですが、ベースは父と娘の物語。僕にも娘がいますし、家業を継いでほしい父親の気持ちも分かる気がしたんです。というのも、僕の実家は醤油屋さんなので。たまたまこの作品をやる時に、父親が亡くなったり、何か共感できる部分がたくさんあったんです」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
今、求められるのは柔軟性
エンタメ!連載記事一覧