自分の価値を具体的に証明できるか

「ジョブ型」「メンバーシップ型」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。簡単に説明すると以下のようになります。

・ジョブ型雇用

職務や勤務地が明確に規定され、専門の能力を活用して雇用契約を締結する働き方です。「職務」を中心にした契約で、企業が求める仕事が先にあり、その仕事に必要な人材を募集していく欠員募集が一般的です。ジョブディスクリプション(職務記述書)に仕事の内容が明記されたうえで契約が締結されているため、企業の都合で勝手に仕事を変えたり、異動を命じることができません。報酬は「仕事」が生み出す付加価値に連動して決まります。

・メンバーシップ型雇用

総合職の正社員として採用され、職務や勤務地などが限定されない雇用形態が一般的です。いわゆる「就社」型で、従業員は企業に命じられた仕事に取り組む責任を負っています。新卒一括採用、終身雇用を前提とし、人事異動などのジョブローテーションで様々な職場・業務を経験させることで、その企業で必要とされる能力を向上させていく雇用形態です。「人」を中心としていますが、組織への帰属性を重視した雇用形態ともいえます。異動して職務が変わっても給料は大きく変わらず、年功や役職などが基準となっているケースが多いです。

ジョブ型はいわゆる欧米で主力の働き方で、日本では圧倒的にメンバーシップ型で働く形態が一般的です。そのため皆さんの多くもこの総合職的な働き方をしてこられたのではないでしょうか。この場合、ある職務に特化したスペシャリストとしての自分をPRするのが難しくなる傾向があります。

雇用環境が激変し、「業務委託」「フリーランス」「代理店」など、企業にとっては必ずしも雇用に限らない労働力調達方法が多く生まれている中では、この「なんでも平均的にはできるが、何かの専門家ということではない」というキャリアは不利になってしまいます。

とはいえ、長い社会人生活の中で、特に大きな成功体験や、一番長くかかわったこと、一番貢献できたことなど、メリハリはあるはずなので、もし、キャリアチェンジを考えることになった時のために、過去の経験の中から、「自分の価値」を明確に説明できるような準備を始めておいていただきたいと思います。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
ジョブハンティングという考え方