住む人の健康を見守る家、「心地よさ」にこだわり開発

積水ハウスの興津美那さん(32)は住宅業界で先駆となる「在宅時急性疾患早期対応ネットワーク HED-Net」の開発チームで非接触型センサーの研究・開発に取り組む。住まう人のライフステージの変化に柔軟に対応する「プラットフォームハウス」を目指す住宅のリーディングカンパニーで、研究者としても、技術職としてもこだわってきた機能と空間の「心地よい住まい」を追求している。
注目記事