豪華特急「サフィール踊り子」発車 全席がグリーン車

Paravi

JR東日本が、新型の観光特急列車を公開しました。全席がグリーン車で車両ごとにそれぞれ特徴があります。

宝石のサファイアをイメージした濃い青色の車体を持つ、新型の観光列車「サフィール踊り子」。先頭車両は、よりグレードの高いプレミアムグリーン車になっていて、その内装は黒を基調としています。1列にわずか2席しかないシートも、1席ずつ独立しているため自在に向きを変えることができます。さらに窓も大きく、天窓から空の景色も楽しめます。

2.3号車はグリーン個室になっていて、4~6人で利用可能です。

4号車はカフェテリアで、都内で人気の日本料理店が監修したラーメンを食べることができます。5~8号車は通常のグリーン車になっています。

全席がグリーン車の新型観光列車「サフィール踊り子」

グレードの高いプレミアムグリーン車は、シートが1席ずつ独立していて自在に向きを変えることができる

東京から伊豆急下田までの料金は、プレミアムグリーン車が1万1430円、グリーン車が9110円。

JR東日本の小野正志・営業部次長は「座席は従来の車両より少なめになっているが、全席がグリーン車なので、たくさん乗ってもらえれば十分投資効果はある」と言います。

2020年3月14日から1日1往復で運行しています。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2020年1月27日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年3月25日付記事を再構成。カフェテリアは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため営業を一時中止]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧