トヨタ・ヤリス ヴィッツの生まれ変わりは体育会系

2020/4/12
4代目ヴィッツは内外装のデザインを一新、名称も「ヤリス」に改めた(写真:花村英典、撮影協力:河口湖ステラシアター、以下同)
4代目ヴィッツは内外装のデザインを一新、名称も「ヤリス」に改めた(写真:花村英典、撮影協力:河口湖ステラシアター、以下同)
webCG

トヨタコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。

名前も含めすべてが新しい

20年3代続いた車名を変えるなんて、たぶん前例のないことである。しかし4代目ヴィッツは、今回のモデルチェンジで欧州名と同じヤリスになった。

トヨタが2017年にWRC(世界ラリー選手権)に復帰して以来、ヤリスは早くもトップコンテンダーである。今年は10年ぶりに日本開催が実現し、シリーズ最終戦で愛知/岐阜県内をヤリスWRCが走る。そこで「日本名ヴィッツ」というただし書きは使いたくなかったというのも改名の理由のひとつだったようだ。

なによりも新型ヤリスはプラットフォーム(車台)からパワートレインや足まわりまでオールニューである。名前も含めて、どれだけ新しくなったのか。期待して試乗に臨んだのは、ハイブリッドの上級モデル、G(価格は213万円)である。

内装は黒とこげ茶のツートーン。色のせいもあって、けっこうプレミアム感がある。だが、キャビンはタイトだ。ボディー外寸は旧ヴィッツと変わらないが、中は狭くなった。強く寝たフロントピラーが迫る前席空間はクーペ的だ。前席ドア内側のたっぷり大きいドアグリップなどを見ても、いの一番に広さを狙ったコンパクトカーではないことがわかる。

しかし走りだすと、オオッ! と思った。サプライズだ。たしかにこれはヤリスである。こんなヴィッツはいままでなかったぞ。“オオッ!”を味わいながら約30km、高速道路には乗らずに帰った。ヤリス ハイブリッドは、下(一般道)を走りたくなるクルマである。

新型「ヤリス」は2019年10月16日に世界初公開された。「ヴィッツ」のフルモデルチェンジを機にグローバルネームのヤリスに改名。1999年に誕生した初代ヴィッツから数えて4代目にあたる
上下2段に分かれたデザインのインストゥルメントパネルにはソフトパッドが貼られる。メーターは双眼鏡をモチーフとした形状で、表示部には液晶パネルが用いられている
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
意のままに速いハイブリッド
MONO TRENDY連載記事一覧