甲陽学院卒業して気づいた不安 マネーフォワード社長辻庸介・マネーフォワード社長(下)

辻庸介・マネーフォワード社長

自由な環境で「夢を語れる」という甲陽学院中学校・高等学校(兵庫県西宮市)で在野精神を培ったマネーフォワードの辻庸介社長。勉強以外に卓球やテニスの部活動に朝から晩まで打ち込んだ。大学は京都大学の農学部に進むが、高校卒業後1年間の浪人時代に「何者でもない自分」に直面したことが、自分を見つめ直す機会になったという。

<<(上)起業家育む甲陽学院の在野精神 マネーフォワード社長

「もてたい」。中学の卓球部から高校はテニス部に移った。

甲陽学院では部活にも熱中しました。中学は卓球部で、当時は今ほど卓球人気は盛り上がってはいなかったけれど、卓球というスポーツはすごく面白くて熱中しました。部活も結構強くて、大会では西宮市で準優勝までいったんですよ。

でも高校では卓球部を選ばず、テニス部に入りました。中学の卓球部の連中もほとんどは卓球部に入りませんでした。これは、卓球部で集まっているときに部員の誰かが「卓球ってやっぱりもてないな」とつぶやいたのが原因です。みんなうすうすは気がづいていたんですが、「そんなこと言うなよ」という話になって、高校はバスケやテニス部などに散らばりました。高校でも卓球部に入ったのは当時のキャプテンだけじゃなかったかな。ただ、テニス部に入っても、もてなかった。結局はかっこいい人がもてるだけで、卓球のせいじゃないですよね(笑)。

男子校なんで恋愛はなかったです。すごくいけてる連中だけ、他校の文化祭に行って彼女ができたりしていました。僕はピュアなもんで、いつも電車でみかける女子高生にあこがれたりしたくらいです。神戸女学院など近くの女子校とつながりはあったはずなんですが、積極的に交流するようなグループには入っていなかったので、テニスばかりしていました。

注目記事
今こそ始める学び特集