大人に似合うデニムコーデ ワントーンでそろえ上品に[Milok]代表取締役 古口悠さん

[Milok] 代表取締役 古口悠さん
[Milok] 代表取締役 古口悠さん

デニムパンツが今、流行している。カジュアルなアイテムなので大人になると避けてしまいがちだが、今年の春は旬な着こなしを意識して取り入れてもよさそうだ。シンプルなシャツやボーダーカットソーと合わせるのが、従来のコーディネートの定番だったが、どのような合わせ方がトレンドなのか。またどういったデニムパンツが人気なのか。東京・渋谷にある[Milok](ミロック)の代表取締役で、同名ブランドのデザイナーも務める古口悠さんに話を聞いた。




生地やシルエットに個性のあるデニムが人気

――ミロックには有名なファッションアイコンの方も多く訪れるそうですね。そもそも今、ファッション業界ではデニムパンツはどのような位置付けなのでしょうか?

「市場が拡大している最中で、流行の真っただ中だと思います。感度の高い方は2年ほど前から好んで着用していましたし、メンズより一足早いレディース服の業界でも同じ頃からトレンドでした。今年ついに、大々的に注目を浴びるようになった印象です」

――今年人気なのは、どんなデニムパンツでしょうか?

「誰もが持っている定番よりも、ブランドがコンセプトをしっかり打ち立てて、手がけているハイグレードなものが人気ですね」

――具体的にはどのようなものがありますか?

「生地をオリジナルで開発していたり、シルエットに個性を出していたり、縫製にしっかりこだわっていたりと、いろいろな強みを持ったものがありますね」

ミロックが手がけているデニムパンツは、縫製技術の高い岡山の工場で生産。ステッチが真っすぐ、均一に入っているのが昔ながらのアメリカのブランドとの違いという

色選びを丁寧に考えるほど、こなれた着こなしに

――デニムパンツの着こなし方についてもポイントを教えてください。

「テーラードジャケット以外のジャケットブルゾンといった、かしこまりすぎないジャケットと合わせてカジュアルダウンするのが今季らしいと思います。トレンドアイテムといえどデニムパンツを主役に据えず、適度な“ハズし”として活用するくらいが、肩肘張らなくていいかと」

次のページ
グレー系カラーで統一 ロールアップは思い切って太め
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram