「ロールアップはボトムスをカジュアルに見せる効果もあるので、上品なリジッドのデニムの場合は丈を詰めた方がいいんです。8分丈か9分丈程度に調整して白のソックスを少し見せながら、スニーカーではなく革靴でシックにまとめるくらいがいいかと」

――シューズにUチップの革靴を選んだ理由はありますか?

「全体的にゆったりしたサイズ感なので、合わせるなら細身のストレートチップやプレーントゥよりもボリューム感のあるUチップのほうが相性がいいと思いまして。定番の革靴でいうと、Paraboot(パラブーツ)のシャンボードを合わせてもいいですね」

季節感たっぷりの色落ちデニム 適度な「ハズし」にも

――3組目はスプリングコートと合わせたコーディネートですね。

コート 6万8000円(ミロック)、トップス 1万8000円(ミロック)、パンツ 2万8000円(ミロック)、シューズ(私物)

「まずアウターを主役として見せるために、それ以外のアイテムはベーシックなものを選びました。とはいえ、その中でも立体感のあるローゲージのサマーニットや、春らしい印象の色落ちしたデニムパンツで、さりげない個性も主張しています。あとはアウターやニットが上品なので、デニムパンツがそのちょうどいい「ハズし」になっている点もポイントかと」

――アウターにはチェック柄が配されていますが、柄もののアイテムを着こなすコツはありますか?

「柄に使われている色のどれかを、トップスやボトムスの色で拾うことで、まとまった印象に見せられます。このアウターの場合だと、チェックに使われているネイビーや水色が、デニムパンツの色とマッチしています」

――先ほどのお話でもおっしゃっていたような、色味を考え抜かれたコーディネートなのですね。今回のコーディネートで何か他にこだわっている部分はありますか?

「トップスやシューズで使っているネイビーは大人らしい色の代名詞。落ち着いた印象に見せたい時には最適だと思います。またニューバランスはボリューム感のあるシューズなので、例えば黒は重すぎて足元だけ浮いた印象になってしまいます。その点でも、ネイビーは足元を引き締めてくれますし、適度に軽さもあるので最適かと」

「インナーに着た薄手のサマーニットは、着心地がいいのに、ラフに見えないオススメのアイテム。休日のカジュアルスタイルに最適だと思います」

――丈の長いアウターはサイズバランスを取るのが難しい印象です。着こなしのポイントはありますか?

「ボトムスは2組目のようにフルレングスではくと、どこか間延びした印象になってしまうので、8分、9分丈くらいになるようにロールアップするといいでしょう。インナーのトップスも丈を短めのものを選んで、しっかりメリハリをつける。そうすると、ワンランク上の見え方になりますよ」

※表示価格は税抜き。

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/) 写真:加藤潤

「プロのコーデ」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram