快適な眠りはどこに? 目に見える「睡眠」最新グッズ「スリープテック」で快適な睡眠を(下)

頭部2カ所のセンサーで睡眠レベルを検知し、音で深い睡眠が長く続くようにするフィリップスの「スマートスリープ」
頭部2カ所のセンサーで睡眠レベルを検知し、音で深い睡眠が長く続くようにするフィリップスの「スマートスリープ」

よい睡眠が日中のパフォーマンス向上にも健康維持にもつながる。そして「よい睡眠」にとって大事なのは睡眠の「時間」だけでなく「質」でもある。多忙な日々の中、睡眠時間を伸ばすことはなかなか容易ではないが、生活改善によって睡眠の質向上を図ることはでき、その最初の一歩として注目を集めているのが「睡眠トラッカー」と呼ばれるアイテムだ。前回に引き続き、「睡眠の見える化」を実現してくれる製品の最新事情をご紹介したい。

ヘッドバンド型製品で脳波を測定し深睡眠を強化

睡眠トラッカーとしてメジャーなリストバンド型製品では、心拍数と体動から睡眠状態を検知しているが、脳波によって睡眠測定を行うより本格的な製品も登場している。2019年11月に発売された、フィリップス「SmartSleep(スマートスリープ) ディープスリープ ヘッドバンド」(以下「スマートスリープ」)だ。

フィリップスは睡眠時無呼吸症候群の検査・治療機器を長年にわたって開発してきており、今回はその技術を一般個人用に転用した形だ。ヘッドバンド型製品で睡眠時に頭部に装着して使用する。

脳波はおでこと耳の後ろの2カ所で測定する。そして覚醒を含む4段階の睡眠段階を検知するとともに、深い睡眠に到達したときにはそれが長く持続するよう、独自開発したオーディオトーンと呼ばれる音をヘッドバンドの両耳部分に内蔵されたスピーカーから流す。

連携専用アプリ「SleepMapper」ではグラフと健康睡眠スコアが表示される

筆者も最初にモニターで使用した後、自費で購入して使っている。4万円超という価格には抵抗感もあったが、実際に使ってみて生活は大きく変化した。これまで分からなかった自身の睡眠状態が、毎朝グラフと数字ではっきりと示される。睡眠の質はその前日の生活内容によって大きな影響を受け、そしてその日一日の好調・不調は、睡眠スコアと連動していた。

仕事やトレーニングで体を動かした日の夜は、深い睡眠も長時間となり、夕方以降にカフェイン摂取してしまった日は就寝直後の深い眠りが持続せず不安定になる。可視化された睡眠状態が毎朝示されることで、乱れがちだった就寝・起床時間のルーティン化、カフェイン摂取の自制、そして寝る直前や布団の中でのスマートフォン操作禁止など、いくつもの生活改善を図ることができ、日中の眠気も格段に減った。

寝室環境を自動で最適化してくれるサービス

ショールームで体験できる「快眠環境サポートサービス」

20年3月中旬、寝具の西川とパナソニックが共同開発した最先端のマットレスが発売された。西川製のマットレスにはセンサーが搭載され、睡眠状態が計測される。センサーによって感知されるのは寝返りなどの大きな動きだけではない。睡眠中の呼吸から発生する体の微細な動きをも感知して睡眠状態を推定する。

そのデータがスマホアプリにリアルタイムに送信され、寝室内のパナソニック製の家電をコントロールし、快適な睡眠に最適化した環境を実現してくれるというものだ。

パナソニックの専用アプリ画面

自動制御される家電にはエアコンや照明などがあり、眠りの深いときに風を送ったり、睡眠の状態をもとに照明を徐々に明るくしたりすることで快適な目覚めをサポートする。利用にはマットレスや連携する家電の購入の他、「快眠環境サポートサービス」(月額税込み990円)の利用が必要となる。

その他「睡眠トラッキング」アイテムいろいろ

オムロンの「ねむり時間計」は枕元に置いて利用する。現在は在庫限りとなっており、新たな製品は登場していないが、枕元に置いて寝るだけで、寝返りなどによる寝具の動きから寝付くまでの時間や起床までの時間を計測し、目覚めやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれる「スッキリアラーム」機能を搭載している。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
睡眠データ取得で何が変わる?
MONO TRENDY連載記事一覧