堀田茜 ロケ多い仕事、BOSEのノイキャンは手放せない

テレビのバラエティー番組、雑誌のモデル、そして女優としても活躍する堀田茜さんが、「手放せない」というのはノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンだった
テレビのバラエティー番組、雑誌のモデル、そして女優としても活躍する堀田茜さんが、「手放せない」というのはノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンだった

モデル、女優として活躍し、テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」の「出川ガール」としても人気を集めている堀田茜さん。ロケも多い彼女が「手放せない」と話すのが、BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングヘッドホンだった。

ノイズキャンセリング機能に感動

「『世界の果てまでイッテQ!』の仕事は、移動が多いんです。海外ロケのために飛行機に乗ったり、電車で移動したり、ロケバスに乗ったりとか。そういうときに必ず持っていくのが、ノイズキャンセリング機能が付いているヘッドホンです。

愛用しているのは……機種名はわからないんですけど、BOSEの耳を覆うタイプのものです(笑)。5年くらい前、『イッテQ!』に出始めたころ、スタッフさんにプレゼントしていただいたんですよ。これから長期ロケが多くなると思うのでって。本当に旅のお供になるようなアイテムなので、これと一緒にがんばろうと思いました」

出演するテレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」のスタッフからプレゼントされたBOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングヘッドホン。長期ロケの多い番組だけに「これと一緒にがんばろう」と思ったという

「使ってみると、ノイズキャンセリング機能に感動しましたね。周りの音が本当に聞こえなくなるし、自分の世界に入れるというか、集中できる。私は音楽が好きで、自分にとってなくてはならないくらい大切な存在なので、そのヘッドホンは、私を助けてくれたり、いやしてくれたり、環境を整えてくれるものっていう感じです。例えば『イッテQ!』の本番前は、試合前の選手みたいにアップテンポの曲を聴いていますね。テンションを上げないと、できない仕事なので(笑)。

すごいのは、音楽を流さなくても、耳に着けているだけで、飛行機や新幹線の騒音を消してくれるところ。リラックスできて睡眠も取りやすいです。空港の待合室とか、人の声が気になるところでも着けたりしますね。けっこう四六時中、着けているかもしれないです」

「兄が音楽好きだった」という堀田さん。その影響で音楽鑑賞が趣味になり、今では雑誌『BARFOUT!』(ブラウンズブックス)で音楽談義の連載も行っている。

「ジャンルを問わず何でも聴くんですけど、この1週間くらいはEVISBEATSさんとかSLACKさんとか、Sing02さんとか、日本のヒップホップ系をよく聴いています。ただ、気分によって、ロックも聴きますね。外出中はヘッドホンとイヤホンを使い分けて、家に帰ったらBluetoothスピーカーで何かしら好きな曲を流します。どこでも聴けるように、家にはスピーカーが3つあるんですよ。

最近のヘッドホンを見ると、音質もノイズキャンセルも進化していて、昔のものとは違うなあと思います。でもBOSEのヘッドホンは今でも満足しているし、いただいたものということで、思い入れもある。これからも大事にしていきたいです」

「サブスクリプションは、Apple MusicとSpotifyに入ってます。Apple Musicは洋楽に強くて、Spotifyは洋邦バランス良く入っているイメージ。どちらも使い分けて愛用しています」
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
人生を潤すために必要なもの
MONO TRENDY連載記事一覧