アイデアよりイメージが大事 持ち寄って正解をつくるクリエイティブディレクター 佐藤可士和(4)

写真はイメージ =PIXTA
写真はイメージ =PIXTA

日本を代表するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏。一日の多くは「打ち合わせ」で埋め尽くされているという。30を超えるプロジェクトが常時無理なく動いているという佐藤氏の仕事を支えているのは質の高い打ち合わせだ。文庫化された「佐藤可士和の打ち合わせ」から、同氏が実践する打ち合わせの極意をのぞいてみよう。

◇   ◇   ◇

《イメージの重要性》
 「イメージの徹底」が打ち合わせの準備である

どういう打ち合わせにするか、イメージできているか

打ち合わせにおいて最も大事な能力は何か、と問われたら、僕は「イメージ力」と答えます。どんな打ち合わせになるか、イメージしておく力です。

先に「大切なことは打ち合わせの目的だ」と書きましたが、目的がはっきりしていれば、どんな打ち合わせになるのかは、なんとなくでもイメージできるはずです。それを、ほんの少しでも考えようとしているか、いないのか。その差は大きいのです。

ところが、何も考えないで、いきなり打ち合わせに来ている人は実は多いものです。書類やファイルは持っているけれど、読み込んでもいない。これでは、打ち合わせに必要なイメージはできないでしょう。「とりあえず打ち合わせが始まってから考えよう」では圧倒的に遅いのです。

打ち合わせとは、みんなで一緒に「作り上げる」場です。そして、「作ること」は、「イメージすること」から始まります。いきなりモノが出てきたり、アイデアが出てきたり、実行案が出てきたりすることはありえません。イメージできないものが、現実になることはないのです。

 

どんな素晴らしいアイデアも、デザインも、プロダクトも、すべて「こんなものがあったらいいな」「こういうことが起きればいいな」といったぼんやりとしたイメージから始まるのです。僕自身の仕事も、そうしたイメージから、すべて始まります。それこそ妄想であり、構想であり、まだこの世にないもの。ぼんやりとした頭の中の想像であり、イメージです。

かつてスキーでオリンピックに出場したアスリートと対談したことがありますが、スポーツの世界でも、イメージは極めて大切なのだそうです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
「アイデア」という言葉を軽々しく使わない
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら