■6位 嵐電(らんでん) 北野線(京都府)360ポイント
風情漂う路面電車

鳴滝駅~宇多野駅の約200メートルはソメイヨシノのトンネルに=写真。「京都唯一の路面電車が桜並木をコトコト走り、風情がある」(櫻井寛さん)。「散り始めた桜吹雪の中を走る電車も美しい」(鹿山晃さん)。2020年2月には、仁和寺(にんなじ)で育成されている遅咲きの「御室桜」が御室仁和寺駅に植樹された。沿線には桜で有名な寺や神社がある。(1)4月上旬

■7位 肥薩線 渡駅~大畑(おこば)駅(熊本県)350ポイント
鉄道名所も両方満喫

熊本県八代市と鹿児島県霧島市を結ぶ沿線で、見どころのひとつは西人吉駅付近の桜並木。大畑駅は、山をぐるりと巻いて上る「ループ線」の途中で列車が前後に進行方向を変えて急勾配を上る「スイッチバック」が実施される日本唯一の場所。「鉄道名所に美しい桜。両方を満喫できる」(小林さん)。SLや観光列車が走ることもある。(1)3月下旬

■8位 会津鉄道(福島県)330ポイント
かやぶき屋根の駅舎も

山間を通る路線で、湯野上温泉駅=写真=は全国でも珍しいかやぶき屋根の駅だ。「おとぎ話の世界に紛れ込んだような美しさ」(矢野さん)。芦ノ牧温泉駅や芦ノ牧温泉南駅も桜スポット。「途中下車して温泉と山里の桜を楽しむのがおすすめ」(瀬端さん)。4月から週末を中心にトロッコ列車も走る。(1)4月中旬~5月上旬

■9位 小湊鉄道(千葉県)320ポイント
昭和の光景 癒やされる

木造の駅舎や無人駅が多い路線で、人気なのは飯給(いたぶ)駅と月崎駅付近。菜の花との競演が見られることもある。「車両や駅設備など『昭和』を思わせる光景が各所にあり癒やされる」(鹿山さん)と、昔ながらの情景を評価する人も多かった。河津桜が咲いて散ると、その後ソメイヨシノが咲くといい、比較的長く楽しめる。(1)3月中旬~4月上旬

■10位 中央本線 飯田橋駅~四ツ谷駅(東京都)300ポイント
大都会の混沌 忘れて

ソメイヨシノを中心とした外濠(そとぼり)公園や外堀通り沿いの桜が堪能できる。人気の理由は都会の街と桜のコントラストだ。「桜並木が大都市の騒がしさや混沌を忘れさせる」(宮嶋さん)、「都心でこれほどまでの見事な桜が線路沿いに咲いているのは感動。特急も走っているので、車内から眺めれば通勤電車とはひと味違うお花見ができる」(野田さん)。(1)3月下旬~4月上旬

花見自粛でも 桜の感動変わらず

2011年3月11日金曜日。記者は翌日に発行となるプラス1の最終チェックを終えて、ほっと一息ついていました。激しい揺れに襲われたのは、昼食に出ようとエレベーターに乗った瞬間でした。

翌日のプラス1は発行を取りやめました。次に出したのは3月17日。プラス1は土曜日発行ですが、このときだけは木曜日になりました。「何でもランキング」はテーマを差し替えて、「今すぐ実行できる節電方法」を掲載しました。

幻となったランキング。当時担当した記者が今回改めて専門家に聞いたところ、1位は前回と同じでした。東日本大震災の被災地、東北本線大河原駅(宮城県大河原町)から船岡駅(同柴田町)までの区間です。

2011年3月12日に発行予定だった幻のプラス1

3月上旬、現地を訪れました。まだ風は冷たく花が咲く気配はなかったものの、白石川沿いに見渡す限りの桜の木々が広がっていました。水色の空、深い青色の川、蔵王連峰に残る雪の白――。これからここに、桜のピンク色が加わります。大河原町観光物産協会の大槻文彦さんは「長年住んでいても、花が咲くと毎年感動してしまうんですよね」としみじみ。

もちろんここも、震災の被害にあいました。東北本線は運転を見合わせ、全線が再開したのは4月下旬。当時のことを聞くと、大槻さんは「でもここは全然。内陸でまだましな方でしたから」と話してくれました。柴田町商工観光課の天野敬さんも「水道や電気が止まったり家が倒壊したりはあったけれど、津波の被害ではないのでましでした」と振り返ります。

大河原町と柴田町が毎年開催する「桜まつり」は、当時中止となりました。それでも「訪れる人は多かった」(大槻さん)。以降、桜まつりの来場者数は年々増え、昨年は25万人以上が訪れるまでに。天野さんによると「最近は台湾やタイなどの外国人観光客も多くなってきた」そうです。

そんななか、新型コロナウイルスが発生しました。感染拡大防止のため、桜まつりは中止を決めました。2人とも「仕方ない」と言いますが、中止は震災以来です。今回のランキングに登場する多くの場所でも、祭りやライトアップなどが中止となりました。今は人の密集を避けなければならない時期です。ただ、来年以降も桜は咲きます。落ち着いたときにぜひ、訪れてください。(井土聡子)

■ランキングの見方 路線名(所在地)。数字は専門家の評価を点数化。(1)例年の見ごろの時期。写真は各鉄道会社や地元観光協会、自治体の提供。

■調査の方法 桜が楽しめる鉄道路線を、専門家への取材を基に22路線リストアップ。桜や鉄道に詳しい専門家におすすめを1~10位まで選んでもらい、編集部で集計した。全長100キロメートル以上の路線については、人気エリアを区切って評価対象とした。ゆっくり楽しめることを条件にし、新幹線は対象外とした。

■今週の専門家 ▽鹿山晃(鉄道友の会)▽小林覚(ぴあ 取締役・広報室長)▽櫻井寛(フォトジャーナリスト)▽佐藤英也(JTB 国内仕入商品事業部)▽瀬端浩之(日本旅行 鉄道プロジェクト)▽西山正大(日本花の会)▽沼田阿友美(KNT-CTホールディングス 国内旅行部)▽野田隆(旅行作家)▽ピート小林(フォトグラファー)▽宮嶋康彦(写真家)▽矢野直美(フォトライター)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2020年3月28日付]