9年前の幻のランキング再び 桜の絶景を楽しむ鉄道

東北本線 大河原駅~船岡駅(宮城県)

NIKKEIプラス1は2000年4月1日に創刊し、20周年を迎える。20年の歴史の中で一度だけ、発行できなかったことがあった。東日本大震災翌日の2011年3月12日号だ。今号の「何でもランキング」では、幻となっていた「桜を楽しめる鉄道路線」を、改めて専門家に選んでもらった。新型コロナウイルスの影響で花見自粛が続くが、美しい写真は心を和ませてくれる。

■1位 東北本線 大河原駅~船岡駅(宮城県)490ポイント
規模感、他を圧倒

白石川(しろいしがわ)に沿って約8キロメートル、約1200本の桜並木「一目千本桜」の一部を車窓から堪能できる。宮城県大河原町出身の実業家、高山開治郎が1920年代に苗木を寄付、植樹して誕生した。日本さくらの会の「さくら名所100選」の地にも選ばれている。

多くがソメイヨシノだが、シロヤマザクラやヤエザクラなども。住民や関係団体による保護活動などにより、なかには樹齢100年近くのものもあるという。

専門家からは「白石川と桜に寄り添うように列車が走る区間はまさに圧巻の美しさ」(矢野直美さん)、「一目千本桜の規模感は他を圧倒する」(佐藤英也さん)と目を奪う景色を評価する声が多かった。開花の時期に合わせて、列車がスピードを落とした運行になるのもこの区間ならでは。仙台方面からだと、桜並木は進行方向に向かって右側だ。

「列車の窓から楽しむもよし、桜堤をそぞろ歩くのもよし」(ピート小林さん)と、下車して楽しめるスポットが多いのも人気の理由。2015年には東北本線の線路の上にかかる「しばた千桜橋」が開通し、列車と桜を見下ろせる場所が誕生した。両駅間は歩いて1時間弱。中間に位置する「船岡城址公園を上ると、あたり一面の桜に圧倒される」(野田隆さん)。(1)例年の見ごろ 4月上旬~中旬

■2位 嵯峨野観光鉄道(京都府)470ポイント
美しい渓谷 存分に枝広げる

ほぼ全線にわたって桜を楽しめる観光列車。ソメイヨシノやヤマザクラなどが約700本植えられている。特に「保津川渓谷にかけて一帯に咲き乱れる様子は目を奪う。日常の騒がしさを忘れさせてくれる」(ピートさん)。

「架線などがなく、枝を存分に伸ばしたソメイヨシノのトンネルは圧巻」(西山正大さん)。木製の椅子と裸電球の懐かしい雰囲気の列車は時速約25キロメートル。景色の美しい場所ではさらに速度を落として走るため、ゆっくり味わえる。(1)3月下旬~4月上旬

■2位 津軽鉄道(青森県)470ポイント
すぐそこに花 手が届きそう

見どころは芦野公園駅。全国的にも珍しい公園内にある駅で、園内にはソメイヨシノを中心に、1500本の桜が咲き乱れる。「駅付近は桜のトンネルになっており、花に手が届きそう」(宮嶋康彦さん)

春の訪れは遅く、大型連休に重なることも多いといい「開花時期が遅く見ごろも短いが、それだけに貴重な風景として記憶に残る」(小林覚さん)。近くには赤い屋根のレトロな雰囲気の旧駅舎も残されており、途中下車がおすすめだ。(1)4月下旬~5月上旬

■4位 真岡(もおか)鉄道(栃木県)430ポイント
里山の春 感じる

人気スポットはソメイヨシノが連なる北真岡駅周辺。菜の花が咲く時期には「ピンクと黄色のコントラストがすばらしい」(沼田阿友美さん)。同エリアだけでなく、久下田(くげた)駅=写真=や沿線を通じて「谷間の段々畑の中にぽつんと咲く姿も見られ、里山の春を感じる情景」(瀬端浩之さん)との声もあった。SLが走ることも。(1)3月下旬~4月上旬

■5位 いすみ鉄道(千葉県)370ポイント
風景、絵画のよう

新田野(にったの)駅周辺、東総元(ひがしふさもと)駅~久我原駅など、沿線に多くのビューポイントがある。「桜のトンネルがある東総元駅周辺は絵画のような風景が楽しめる」(矢野さん)。桜の多くはソメイヨシノで、運がよければ菜の花との競演が楽しめる。「菜の花のじゅうたんと桜のフェンスの中を列車が駆け抜ける光景はすばらしい」(瀬端さん)。(1)3月下旬~4月上旬

注目記事
次のページ
花見自粛でも 桜の感動変わらず