談笑師匠、驚きのネーミングセンス 今度の弟子は…立川吉笑

写真はPIXTA
写真はPIXTA

師匠・談笑を尊敬している点はいくつもある。その中でもあまり周りが気づいていないだろうなぁと思うのはそのネーミングセンスの高さだ。

一般的に弟子の芸名は師匠の芸名から一文字もらうことが多い。「談志」の弟子である師匠は、「談」の字をもらって「談生(だんしょう)」という前座名だった(真打ち昇進直前に、読み方は同じで表記だけ違う「談笑」を襲名した)。

師匠に弟子入り志願しようと決心した頃から、果たして自分はどういう芸名になるんだろうと想像するようになった。「談笑」の弟子だから「談」の字か、「笑」の字をいただけるとして、どんな名前になるのだろうとあれこれ考えたことを覚えている。

言われてみれば、これしかない

「談」の字はどうしても「談志」のイメージが強い字だから、たぶん「笑」の字をもらうことになる。また前座で重々しい字を使うことは少ないから軽い印象の字がつくに違いない。そう考えると、「笑吉」とか「笑助」。字面のバランスが悪いけど一番弟子だから「笑一」などが思いつくけど、何となく自分の雰囲気にあっていない気がした。「笑吉」とか「笑助」はかわいげがあって、みんなからいじられるような印象を受ける名前だ。26年生きてきて、そこにいるだけで周りをほんわかとさせられるような愛嬌(あいきょう)は自分は持ち合わせていないと思っていたから、ちょっとイメージと合わないよなぁと。でも考えれば考えるほど「笑」という字を使う時点で、どうしても軽くて明るい印象がついて回るから、いよいよ想像がつかなかった。

そんな中で師匠から頂戴したのは「吉笑」という名前。目から鱗(うろこ)だった。前座名でよく使われる「吉」の字を使うとして、それを上に持ってくるという発想が僕にはなかった。一瞬、「吉笑」という見慣れない並びに違和感を感じたけれど、考えれば考えるほど良い名前だ。まずは「吉」も「笑」も縁起が良い文字だし、きっしょうという音も、仏教的に「良い兆し」という意味を持った縁起の良いものだ。字面としては画数が少なくて軽い印象を受けるけれど、一方で音の響きは軽さだけでなくて背筋が伸びる感じというか凛(りん)とした印象もある。自分のキャラクターに合った、言われてみたらこれしかないという名前をつけていただいた。

そこから何人も後輩が入門してきた。その度に僕も勝手にどんな名前になるのかなぁとクイズ感覚で予想するようになったけれど、とにかく師匠のつける名前の「それしかない」感がすごい。

二番弟子は笑二(しょうじ)。少し捻(ひね)られた僕とは違って王道も王道の名前。そこにいるだけで周りをほんわかとさせられる愛嬌を持った彼にはぴったりの名前だ。僕が笑二だったら変だし、一方で彼が吉笑でも違和感がある。僕は吉笑、彼が笑二。どう考えても人柄と名前がピタッと一致している。

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
「談」は「談洲」が初めて
エンタメ!連載記事一覧