powered by 大人のレストランガイド

高額酒を外国人指名買い 600種そろう銀座の酒販店世界で急増!日本酒LOVE(20)

「IMADEYA GINZA」のスタッフ。左端が大川翔平さん
「IMADEYA GINZA」のスタッフ。左端が大川翔平さん

全国3000近くの飲食店やバーなどに酒を卸している酒販店「いまでや」は1962年、千葉市で創業。全国各地の日本酒に加え、ワインも種類豊富にそろえているのが特徴だ。ミシュランの星を獲得した有名高級レストランなどにも酒を卸している。

銀座から世界に日本酒情報を発信

小売りとしては、ここ数年で酒ショップ「IMADEYA」(千葉市や東京・錦糸町など)4店舗を展開。さらに東京・新富町では国産ブドウから造る250種以上の「日本ワイン」や日本酒などをそろえる和食店「蔵葡 -Kurabuu-」も運営している。一方、海外へは12年からフランス、台湾、韓国、カナダにも輸出を開始。今後も輸出先を増やしていく予定だ。

酒ショップ4店の中で、年々外国人客の利用が増えているのが、東京・銀座の商業施設「GINZA SIX」内にある「IMADEYA GINZA」だ。同店では英語・中国語・スペイン語・韓国語で対応できるスタッフがいるほか、自動翻訳機なども駆使して世界中からの外国人客に対応している。店舗のSNS(交流サイト)でも日本語と英語で投稿中だ。

「今は売り上げの3割程度を外国人客が占めています。今年はオリンピックイヤーということで、売り上げの半分くらいまで伸びるかと期待していたところなのですが…」と話すのは同店店長の大川翔平さん。最近の感染症などの影響で、目下、銀座界隈の客足は日本人も外国人も遠のいているが、今後の回復に期待を寄せる。

酒は日本酒だけで約600種類、ワインは日本ワインを中心に約400種。ほかに国産ウイスキーや焼酎、国産クラフトジンなども扱う。国産の酒がこれほど勢ぞろいしている酒店は珍しいので、ギフトを買い求める外国人観光客にも人気なのだ。

箱入りの高級酒。左から「光明」「残響」「菊理媛」

特筆すべきは同店での外国人客の購入価格。日本人客の場合、平均するとボトル2本(4000~5000円)くらいなのに対し、外国人客は3000~50万円以上と購入価格に非常に幅がある。中でも中国で飲食店を経営している客や、中国で日本酒の学校を手がける客など、中国人による高額なスーパープレミアム酒の購入が目立つ。

例えば、楯の川酒造(山形県)の精米歩合1%まで磨いた「光明」(720ミリリットル、約10万円)や、新澤醸造店(宮城県)の精米歩合7%の「残響」(同、時価)、菊姫(石川県)のとても希少な「菊理媛(くくりひめ)」(同、約2万4000円)などが中国人客の間で人気だ。

「ギフト用に3万円以上のものでないと、というお客様もいて、そういう方は金額だけで酒を選びますが、できるだけそうならないようにその酒の製法や蔵のことなども説明しています。(上記のような)スーパープレミアム酒のブランド名だけを覚えていて、銘柄指定で買われるお客様も。そういう層が中国人客の中に存在するのです」と大川さん。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト