ジャケットもタイドアップ楽しむ 茶系のVゾーンは青

MEN’S EX

2020/4/13

〈 JKの応用 柄の効いた“茶JK” 〉
「ブラウン8割以上の新・アズーロ エ マローネ」を心得る

ネイビー、グレーに次ぐ第3の定番色として茶の人気が近年上昇。とくに今季はトラッド柄を配して粋に仕上げた茶ジャケが豊作だ。この手は合わせが難しく感じる人も多いようだが、伊の洒落者たちに倣い青系アイテムと合わせれば失敗はない。一般的なアズーロ エ マローネ(青×茶)は紺ジャケに対して茶のアイテムを合わすが、今回はその逆。たださほど難しくはない。茶ジャケを羽織れば茶の比率が7割程度になるので、あとは余計な色を入れず茶と青のアイテムを合わすだけ。エレガントで落ち着いた雰囲気、ミドルにぴったりではないか。

ジャケット19万8000円/ベルヴェスト(シップス 銀座店) シャツ1万4000円/ユナイテッドアローズ タイ1万4000円/ニッキー(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) パンツ3万8000円/PT TORINO(PT JAPAN)
シャツの爽やかなサックスブルーが茶に囲まれてより映える。ジャケット14万円/サルトリオ(ストラスブルゴ) シャツ5万1000円/イザイア ナポリ(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン) タイ1万8000円/ステファノ ビジ(バインド ピーアール) パンツ3万8000円/PT TORINO(トゥモローランド)
タイに少しだけ入れた青が効いた、茶9.5割の合わせも洒脱だ。ジャケット9万8000円/ラトーレ(コロネット) シャツ2万4000円/ブライスランズ(ブライスランズ) タイ1万6000円/フランコ バッシ(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) パンツ6万9000円/レスパーデ(伊勢丹新宿店)

※表示価格は税抜きです。

撮影=川田有二、鈴木泰之、仁木岳彦(N-Wing Milano)、丸益功紀(BOIL)、西山 航、久保田彩子 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=YOBOON(COCCINA) 構成・文=小曽根広光、伊澤一臣 取材・文=田中美貴 文=吉田 巌、荻山 尚

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年4月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash