一番売れたミニカーはあの車 親から子へトミカの50年

Paravi

1970年に日本初となる「ミニカー」を発売した「タカラトミー」が、50周年記念イベントを開催。

50年の歴史を作った1000種類を超えるミニカーが勢ぞろいしました。

手のひらサイズのミニカーは当時の子どもたちの間で大人気。発売当初は国産車しかなかったミニカーも、時代によって大きく変わっていきました。

1970年代半ばに起きたスーパーカーブームにより、ポルシェやランボルギーニなど海外の車が次々と発売されました。

1970年代半ばのスーパーカーブームでは海外の車がモデルのミニカーが人気を集めた

その後も、80年代後半にはF1ブーム、2000年代に入ってからのエコカーブームなど時代の変化やトレンドに合わせて新しい商品を発売。今でも月に2台の新車を発売し続け、常に140種類をラインアップしています。

これまで一番売れたミニカーは、日野の「はしご付き消防車」で407万台が売れました。はしご部分が伸びることが子どもの心をつかみました。

現在では、リアルなエンジン音が出るミニカーや、細部まで再現した大人向けのハイクオリティーモデルなど、世代を超えて楽しめるおもちゃとして進化を遂げています。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2020年1月15日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年3月13日付記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集