powered by 大人のレストランガイド

チキンソテーと違う 「串に刺さない」焼き鳥の味わい

全国各地から取り寄せた地鶏の希少部位を味わえる「焼肉鳥gg(じじ)」
全国各地から取り寄せた地鶏の希少部位を味わえる「焼肉鳥gg(じじ)」

煙とともに立ち上る香りに、じゅうじゅうと音を立てる肉。熱々の串にかぶりつくとジュワッと脂のうま味が広がる。日本の代表的グルメの一つ、焼き鳥だ。ジューシーなおいしさと合わせ、串に刺さった肉を手でそのままほおばれるという気軽さも大きな魅力だ。焼き鳥において「鳥と串」は一体で、切り離せないものだろう。

そんななか、東京では3~4年前から「串に刺さないで楽しむ焼き鳥」という新ジャンルの焼鳥店が静かなブームになっているのをご存じだろうか。串に刺さずに一体どうやってあの姿にするのか。それは単なる「チキンソテー」ではないのか。今回はその人気2店のリポートをお届けする。

1店目は「新橋 焼肉鳥 鍋肉鳥 gg(じじ)」(東京・港)。コンセプトはまさに「串に刺さない焼鳥店」だ。一般の焼鳥店では、店主やスタッフが焼き鳥を厨房で焼いて客席に運ぶが、この店では客席に焼き台があり、好みの部位を注文し、焼き肉やお好み焼きの店のように客自身が焼いて食べる。

名物メニューは「地鶏 銘柄鳥 一羽盛り」(3980円、税別)。部位違いで盛り付けられた生の鶏肉が15種類ほど。焼き鳥でおなじみのモモをはじめムネ、レバー、砂肝、ハツがずらりと並ぶ。さらに「せせり」や希少部位の「背肝(せぎも/腎臓)」「手羽トロ(肩肉)」「さえずり(食道)」「ひざ軟骨」などもある。

串に刺さずに客自身が好みの加減で焼いて食べる焼き肉鳥

これらは愛知の名古屋コーチンや福岡のはかた地どり、千葉の水郷赤鶏など全国の銘柄鶏のおいしい部位を組み合わせたぜいたくな集合体だ。鮮やかな色合いに、プリプリと音が聞こえそうなほどフレッシュな見た目にもひきつけられる。店長兼総料理長の竹田大介さんに教えてもらいながら、自分で焼いて食べてみる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド