伊藤沙莉は爆音で役に入り込む お供のイヤホンは…

『ひよっこ』『全裸監督』などのドラマや映画で活躍し、4月には『ステップ』『劇場』と2本の映画が公開される伊藤沙莉(さいり)さん。25歳の個性派女優が「いつもカバンに入れている」という仕事道具は、iPhoneの付属イヤホン「Ear Pods(イヤーポッズ)」だった。

仕事に欠かせない音楽とイヤホン

「この取材のお話を聞いて、『現場で常に持っているものって、何だろう?』と考えたんです。それで思い当たったのが、このイヤホンでした。

例えば舞台だと、2~3時間ぶっ通しでお客さんの前に立つじゃないですか。そういう時は、爆音でクラシックを聴きながら劇場に向かうんです。歌詞があるといろんな感情になるので、慌ただしいクラシックを聴いて、早足で歩くことが多いですね。そうやって、頭を空っぽにしたい。

例えば、ももクロ(ももいろクローバーZ)と『幕が上がる』(2015年)という舞台をやった時は、ショパンの英雄ボロネーゼ……あれ? ボロネーゼだとスパゲティになっちゃうな(笑)。『英雄ポロネーズ』をものすごい爆音でかけながら、新宿の街を早歩きで稽古場に向かってました。あれは20歳の時だから、もう5年前ですね。

「このイヤホンは、ずっとカバンに入ってますね。何度かバージョンアップしてるんですけど、これはいつから持ってるのかな。ちょっともう、わかんないです(笑)」

その後、『音楽を聴いて役に入り込んでみよう』と考えるようになって、定着したのが映画『獣道』(17年の長編初主演作)のとき。私が演じる愛衣と、須賀健太くん演じる亮太の関係性がせつなくて大好きな作品なんですけど、その時は平井堅さんの『Life is…~another story~』を聴いてました。

『獣道』では、愛衣がヤンキーになったりAV女優になったり、けっこう衝撃的な人生を送るんです。でも亮太は、どんな愛衣も100%の愛で受け止めてくれる。そんな2人と『Life is…』の歌詞が重なる気がして、愛衣と亮太の関係性のテーマソングとして聴いてましたね。聴くと、自分に『獣道』の世界がストンと落ちていく感じがしました」

イヤホンは今、ワイヤレスが人気。コード付きを愛用するのはなぜなのか。

「私も一時期、首掛けタイプのワイヤレスイヤホンを使ってたんです。でも、充電不足でいきなり『♪ティリリン』って電源をオフにされたりしてきたので、こっちの方が信用できる(笑)。それに私、耳が小さいので、ほかのイヤホンだと耳から飛び出してきちゃうんですよ。この形が一番、耳にフィットします。

フィット感は重要です。私、不審者並みに下を向いて歩くタイプでして。この仕事をしてると『バレたくないんだな』と思われるかもしれないけど、そうじゃなくて。人が視界に入ると緊張しちゃうんです。『私、今、ヘンかな?』とか、余計なことを考えちゃうので。だからなるべくシャットダウンしたい。耳が塞がってると安心するんですよ。

集中力を高めるためにも、イヤホンは大切です。もともと私は集中力が持続するタイプじゃなく、本番中に物音がしただけで我に返ることがよくある。そうならないために、音楽で感情や集中力を高めていて。音楽の力って、本当にすごいなと思います」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
小田和正を聴いて役作りした『ステップ』
MONO TRENDY連載記事一覧