水洗いもできる技あり掃除機 吸引力はダイソンに匹敵

Paravi

スティック型のコードレス掃除機といえば、英国のダイソンや、米国のシャークニンジャが存在感を見せていますが、そんな中、「普通の掃除」と「水洗い」の両方ができる新商品が発売されました。

シリウスが発売したのがスティック型コードレスクリーナー スイトル(2万1780円・税込み)。

社長の亀井隆平さんは、もともと三洋電機の社員で、その時に培った高い技術力を生かし、ダイソンにも負けない吸引力と、軽さ、長時間利用を実現したといいます。

この掃除機には、他にはない「武器」があります。それは、別売りの「水洗いクリーナーヘッド スイトル」(1万978円・税込み)です。

通常の掃除と水洗い両方ができる

水を入れた部品をコードレス掃除機の本体に取り付けて使うと、ノズルの先端から水を吹きかけて汚れを落とします。汚れた水を再び吸い込むことで、カーペットなどを部分洗いできます。

掃除する前と後で比べてみると、違いは一目瞭然。水を吹き付けるため、ソファなど生地の間に入っているチリやほこり・ダニを、強力に吸い込むことができます。

以前は他社のコードつきの掃除機に取り付けて使う商品でしたが、この商品の特性を生かせるスティック型掃除機を自社で開発。

亀井社長は「水洗いクリーナーヘッド スイトルとの連結が可能なのが一歩先行くクリーナー。シリーズ化していきたい」と話します。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月19日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年3月9日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧