マヨネーズ・納豆・アイス… 消費1位の意外な町は?

イラスト 三井俊之

出会いの季節、出身地の食文化が話題に上ることも多いはず。

1世帯当たりの消費額では、意外な地域が意外な食べ物でトップに立つ。

クイズで1000人に聞き、間違った人の多い順にランキングした。

■1位 白菜  944人
(1)川崎市 (2)長野市 (3)堺市 (4)前橋市

値ごろな食材、鍋文化と好相性

白菜の支出金額トップ3は堺市、大阪市、京都市が競り合ってきた。4位以下も奈良市、大津市など関西勢が上位に並ぶ。背景としては、関西の人々が鍋料理をよく食べることが考えられる。

大阪のてっちり、ハリハリから、京都の鴨、兵庫のぼたん、和歌山のクエまで、関西には多様な鍋文化が根付く。それらのもととなったのが、江戸から明治にかけて、北前船で北海道から運ばれてきた良質な昆布。「ダシがうまいから鍋がうまい」(公益財団法人の関西・大阪21世紀協会)

そんな関西で、鍋物の具材として白菜を大量に使うのは自然な流れといえる。ほかの野菜に比べて値ごろであることも「金銭勘定に厳しい関西の気質に合っている」(大阪の食文化に詳しいNPO法人「浪速魚菜の会」)。関東ではほとんど見られないが、すき焼きにも白菜を入れる家庭も多いという。

トップ3のなかで最近は堺市がわずかにリードしている。3年ごとの平均でみると、2014~16年、17~19年と連続して1位だった。「ベッドタウン化にともない子育て世代が増えており、調理の手間のかからない鍋物が好まれている可能性がある」(市内の青果物卸「大阪南部合同青果」)。

<正解は(3)>

■2位 かつお節  942人
(1)さいたま市 (2)高知市 (3)鹿児島市 (4)那覇市

優しい味付け、だしやおかずに

トップの那覇市は17~19年平均で2588円と、2位の鹿児島市の2倍近くにのぼる。理由として考えられるのは料理のだし。昆布でも煮干しでもなく、圧倒的にかつお節だ。

「かつおだしの優しい味付けの料理はごはんと一緒に食べるおかずとして、昔から家庭で親しまれてきた」(料理研究家の多和田真弓さん)。かちゅー湯は、おわんに入れたかつお節にネギや味噌を添え、上からお湯を注いで作る=写真。

琉球王朝時代からかつおだしの文化はあったが、庶民の間に広まったのは戦後とみられる。「太平洋戦争中に国策の一環で、かつお節の工場が沖縄に数多く作られた」(かつお節製造のにんべん)のがきっかけという。

<正解は(4)>

■3位 喫茶店  929人
(1)東京都区部 (2)名古屋市 (3)岐阜市 (4)京都市

繊維産業栄えた時代の名残

名古屋市の喫茶店は、コーヒーにトースト、卵料理、サラダなどがつく豪華モーニングで知られる。そのイメージからか名古屋市という回答が約7割を占めたが、トップは隣県の岐阜市だ。人口1000人当たりの喫茶店数でみても、岐阜市は高知市に次ぐ2位で、名古屋市の4位を上回る。

岐阜市の喫茶店文化は、周辺で栄えた繊維産業に起源がある。「問屋の人が喫茶店に場所を移して商談した」(岐阜県珈琲文化研究会)。同会によれば、出稼ぎの工員に栄養価の高い食事を出そうとモーニングが広がったという説もある。

もっとも現代は、家族連れや若者客が中心。市内の井ノ口珈琲=写真=では「週末にゆったりした時間を楽しむ人が多い」という。

<正解は(3)>

■4位 やきとり  919人
(1)青森市 (2)さいたま市 (3)堺市 (4)宮崎市

外食店少なく、家に持ち寄る

やきとりの町をうたう地域は全国に数多いが、今回の設問のポイントは外食ではなく持ち帰りであること。14年から6年連続でトップを維持しているのが青森市だ。

やきとり文化に詳しい全国やきとり連絡協議会は「自宅近くに外食店が少なく、友人や親戚の家にやきとりを持ち寄って宴会をしている」と推測する。市内の老舗精肉店「肉のあきもと」によれば、家族などで集まるため100本以上をまとめ買いする客もいる。

実際、青森市の外食の消費額は全国で最下位だ。巣ごもり傾向はほかの食べ物でも顕著で、カップ麺の消費額は全国トップ。雪深い冬に備えて買いだめする人が多いという。

<正解は(1)>

■5位 マヨネーズ  905人
(1)津市 (2)さいたま市 (3)大阪市 (4)鳥取市

卵好き、ラッキョウ混ぜて

たこ焼きやお好み焼きにかけるイメージからか大阪市という答えが半数以上を占めたが、マヨネーズそのものの消費額は32位にとどまる。

トップは鳥取市だ。まず、そもそも卵好きという背景がある。卵の消費額は高知市に次ぐ全国2位。「マヨネーズは卵でできているので、マヨネーズ好きと関連があるかもしれない」(鳥取県・食のみやこ推進課)

マヨネーズは鳥取砂丘特産のラッキョウとも相性がいい。「タルタルソースにラッキョウを刻んで入れることが多い」(同)。地場スーパーのエスマートでは、大山町特産の大山ブロッコリーがよく売れていて「マヨネーズをつけて食べる人が多いのでは」と推測する。

<正解は(4)>

注目記事
次のページ
食文化、地域おこしの切り札に
今こそ始める学び特集