野菜を加えて1品料理完成 マルちゃん揚げ麺開発秘話

日経doors

何度も口に運びたくなる「やみつき感」にこだわった、と話す東洋水産の澤田舞夕さん
何度も口に運びたくなる「やみつき感」にこだわった、と話す東洋水産の澤田舞夕さん
日経doors

お湯をかけて食べるインスタント麺でもない、チルド売り場にある生麺でもない。揚げ麺と調味料のセット「パリパリ無限シリーズ」が大ヒットしている。「野菜がおいしく、たくさん食べられる!」というこのアイテムは、テレビCMなどの大規模な訴求をしていないにも関わらず、揚げ麺の市場を倍増させるほどの売れ行きだ。今までにない新しいこの商品は、どんな発想で生まれたのだろうか。ヒットの秘密を、商品開発を担当した東洋水産低温食品部チルド企画課、澤田舞夕さんに聞いた。

初めての商品開発で生んだ大ヒット

野菜をおいしく食べられると人気の東洋水産の「パリパリ無限シリーズ」が注目を浴びている。野菜を1種類用意すればおかずが1品作れる便利でおいしい商品だ。パッケージに含まれる皿うどんのような揚げ麺と特製油、粉末スープを、キャベツの千切りなどの野菜と混ぜ合わせるだけでできあがる。サラダやおつまみとして幅広い世代から支持され、2018年2月の発売から2019年12月までで1500万食を突破。2020年初夏には2000万食に到達する勢いだ。揚げ麺の市場を倍増させた。

開発を手がけたのは、入社11年目の澤田舞夕さん。新卒で入社後は8年間経理を担当し、9年目に、焼きそばやラーメンなどの要冷蔵の商品を開発する、チルド企画課に配属された。当時チルド企画課では、災害の影響などから常温商品の開発に取り組もうという動きがあり、澤田さんは上司から、「揚げ麺を使って、何か商品を開発してくれ」と指示を受けたという。そして初めての商品開発の仕事として取り組んだのがパリパリ無限シリーズだった。

「苦手な野菜をたくさん食べたい」が発想の原点

「私はもともとラーメンが大好きで、野菜が苦手(笑)。そんな人でも野菜がおいしくたくさん食べられる商品を作りたいという発想からスタートしました。他社さんにもサラダ麺の商品はすでにありましたが、主食として食べるのか、健康を気にする人が食べるのか、その用途がはっきりしなかった。だから私は、シンプルに野菜をたくさん食べられる方法はないかと考えて、無限レシピに注目したんです」

無限レシピとは、味付けの工夫で野菜がたくさん食べられるメニュー。料理動画やレシピサイトで紹介されている「無限ピーマン」や「無限しりしり」などのレシピが、主婦を中心に人気だ。「無限レシピ」というワードに魅力を感じたものの、どの程度知られているかは未知数。澤田さんは、無限レシピの認知度を知るため、社内の女性にアンケートをとった。すると7割の人は無限レシピを知っていて、そのうち3割は作った経験があるという結果に。「野菜を食べる」というシンプルな目的と、「無限」というキーワードで商品設計をすることに決めた。

次のページ
謎の商品をどう伝える?