テレワークの頼れる相棒 持ち運び便利コンパクト文具今旬ときめきステーショナリー

1本で2色使えるアイデアマーカーペン

持ち運びで意外とかさばってしまうのが「ペン」ではないでしょうか? 赤・青・黒といった色のペンや蛍光ペンなど種類の違うものを入れるとペンケースが重くなり、必要なペンがすぐに取り出せないことも。そんなペンケースをスッキリさせてくれるのが、2色のペンが1本になったコクヨの「マークタス」です。

濃淡2色のカラータイプとグレー+カラーのグレータイプ

カラーは大きく分けて2種類あります。同系色で濃淡のある2色が使える「カラータイプ」と、グレーとカラーの2色が使える「グレータイプ」。キャップの色が透明とグレーに分かれているため見た目でも分かりやすいのがポイント。カラーはピンク・イエロー・グリーン・ブルー・パープルの5色で1本150円(税抜き)です。

ペン先が2色に分かれている

「マークタス」はペン先が2色に分かれているのが特徴です。上下にクルッと回転するだけで色を変えて使うことができます。ペンの持ち替えやキャップの開け閉めが必要ないため、スムーズに作業したい方にもおすすめです。1本で2色のマーキングができるので持ち運ぶペンの本数も減りペンケースもスッキリします。

濃淡で要点が分かるカラータイプ

ペンは大きく分けると2種類のカラーに分かれています。「カラータイプ」は、濃い色と薄い色の同系色の2色が1本になっています。今まではノートをマークする際、ピンク、イエロー、グリーンなど色合いを大きく変えていたため強調色が多く、見返したときに重要な部分が分かりにくくなっていましたが、「カラータイプ」は、色の濃淡で情報に強弱がつけられるためノートがスッキリとまとまります。

目隠しにも使えるグレータイプ

カラーとグレーインクが1本になった「グレータイプ」は、完了した項目や目立たせたくない部分にグレーを使うことで目隠しとして使えます。例えばTODOの終わったタスクを塗ったり、仕事のスキルアップや資格習得の勉強でマーキングや完了した箇所を消すのにも使える1本です。

ワンタッチで使える!キャップレス携帯ハサミ

移動中や外出時に衣服の糸のほつれが気になったり、商品のタグを切りたいときなどハサミが必要になった経験はありませんか? 既に多くの携帯ハサミが登場していますが、満を持して登場したのがコクヨの「サクサポシェ」です。

写真左からアクア・ピーチ

「サクサポシェ」は、キャップがなく片手で使えるペンタイプの携帯ハサミです。全長は110ミリとコンパクト。ペンケースやポーチにもサッと収納できます。刃渡りは42ミリで資料やプリントなど紙もしっかりカットすることができます。カラーはアクア・ピーチ・ブラック・モカ・ラベンダー・ホワイトの全6色で値段は各650円(税抜き)です。

スライド式の携帯ハサミ

「サクサポシェ」の特徴は大きく分けると2つあります。まず1つ目は「キャップがない」点です。携帯ハサミを使ったことがある方の不満として多く挙げられるのがキャップの開け閉めの不便さや紛失です。キャップが転がってしまいスムーズに作業できなかったり、移動中にキャップを紛失してしまったという声を受け「サクサポシェ」はキャップがありません。側面にあるハンドル部分を軽く押してスライドさせると刃がでます。キャップの開閉がないため、片手でハサミをサッと使えます。

ベタつかない3Dグルーレス構造刃を搭載

2点目は「刃」です。刃にもこだわりが詰まっており、サクサシリーズでも使われているのりの付きにくさを追求したコクヨのオリジナル設計の刃である「3Dグルーレス構造刃」を搭載しています。刃の内側の段差構造により内側の接する部分を最小限に抑えているため、テープを切ってもベタつかないのが特徴です。

粘着テープを切ってもべたつかないのがポイント

ハサミは粘着力のあるテープなどを切ると粘着剤が刃についてしまい切れ味が落ちてしまいますが「3Dグルーレス構造刃」はマスキングテープなどの粘着テープを切ってもベタつきが抑えられます。資料などの紙や、テープ、タグなどの切れ味も良く使い勝手が良いのでペンケースに1本いれておくだけで重宝します。

次のページ
使い心地抜群のコンパクトテープのり